MATCH試合結果

2021JリーグYBCルヴァンカップ Cグループ 第5節 vs 横浜FC

5月5日(水祝) 14:03キックオフ @ニッパツ三ツ沢球技場

HOME  横浜FC 湘南ベルマーレ  AWAY
横浜FC 1 0 前半 1 1 湘南ベルマーレ
1 後半 0
6 > 7 勝点 6 > 7
78分 クレーベ
得点者
42分 平岡 大陽
選手 シュート シュート 選手
GK 21 市川 暉記 0 STARTING
LINEUP
0 富居 大樹 23 GK
DF 23 前嶋 洋太 0 1 池田 昌生 27 DF
DF 5 田代 真一 0 1 大岩 一貴 22 DF
DF 27 中塩 大貴 0 0 山本 脩斗 16 DF
DF 3 袴田 裕太郎 1 3 古林 将太 5 MF
MF 7 松浦 拓弥 0 2 茨田 陽生 14 MF
MF 6 瀬古 樹 0 0 オリベイラ 40 MF
MF 32 古宿 理久 1 2 平岡 大陽 28 MF
MF 31 杉本 竜士 1 0 毛利 駿也 19 MF
FW 39 渡邉 千真 1 4 町野 修斗 33 FW
FW 9 クレーベ 2 0 石原 直樹 13 FW
GK 1 大内 一生 SUB 立川 小太郎 31 GK
DF 26 韓 浩康 0 畑 大雅 26 DF
DF 22 岩武 克弥 0 0 梅崎 司 7 MF
DF 24 高木 友也 2 平松 昇 18 MF
MF 15 安永 玲央 2 0 田中 聡 32 MF
MF 2 マギーニョ 1 0 ウェリントン 9 FW
FW 11 三浦 知良 0 0 ウェリントン ジュニオール 39 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
11 シュート 13
◆57分 オリベイラ
13 ゴールキック 10
9 コーナーキック 5
10 直接フリーキック 14
1 間接フリーキック 0
0 オフサイド 0
0 PK 0
得点経過
◆78分
9 クレーベ
中央 6 → 左 24 ↑ 中央 9 ヘディングS
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
◆42分
28 平岡 大陽
中央 相手DF 40 カット ~ → 28 右足S
選手交代
◆4分
5 田代 真一 → 24 高木 友也
◆58分
7 松浦 拓弥 → 2 マギーニョ
23 前嶋 洋太 → 22 岩武 克弥
◆66分
39 渡邉 千真 → 11 三浦 知良
32 古宿 理久 → 15 安永 玲央
◆55分
14 茨田 陽生 → 7 梅崎 司
13 石原 直樹 → 39 ウェリントン ジュニオール
33 町野 修斗 → 9 ウェリントン
◆72分
19 毛利 駿也 → 26 畑 大雅
◆80分
40 オリベイラ → 32 田中 聡
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
4,004人 曇、強風 20.8°C 57% 全面良芝 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
片岡 道夫 岡部 拓人 中野 卓 竹田 明弘 藤澤 達也 和田 靖

ハーフタイムコメント

浮嶋監督ハーフタイムコメント

・前線がプレスにいっているのでラインをしっかり上げること。コンパクトに
・チャンスは来るぞ 積極的に、もう1点とろう

監督コメント

浮嶋監督 総括
浮嶋監督

1,000人もの我々のサポーターに来てもらった中、本当にここで次のステージへの突破を決めるゲームをしたかったです。
(失点シーンの前の)どっちのボールなのか、返してもらう、返してもらえないというところを含めて隙を作ってしまい同点にされてしまったと思います。試合全般を通して風が強くやりづらいゲームの中でお互い戦ってきて、非常にもったいない同点になってしまったと思います。

浮嶋監督 質疑応答

-ウェリントンジュニオール選手が初出場となったが評価は?

まだ身体のコンディション的に十分じゃないなということは感じます。少し体力的に落ちるのが早かったなと思います。
4ヶ月間やっていなかったということを考えれば、彼らが今日ゲームをやったということはプラスに捉えています。

-平岡選手がプロ初ゴールを決めたが?

多分風も考えてミドルシュートを狙っていったんだと思うんですけど、本当に良いゴールだったと思います。
ゲームの前もシュートチャンスが来るから落ち着いてっていうのを話をしていましたがすごく良いゴールだったと思います。

-勝ち切るために足りないことは何か。

ボールを取ったあとクリアで終わってしまうことがあり、特に風下だった時はクリアで終わってしまったりクリア自体も小さくて相手に拾われてしまうことで、攻撃回数が少なかったと思います。また、前半は取ったボールを裏に入れた時に不正確なボールが多く、ロストするタイミングが早く守備にまわる時間が長かったと思います。
こういったところがもう1点取れなかった要因だったかなと思います。

早川知伸監督 総括

1-1という結果になってしまって残念です。チャンスがあっただけに決められなかったことはまだまだ課題だと思います。ただ選手たちはその中でも躍動してくれていましたし、みんな良いパフォーマンスを見せてくれたことは一定の評価ができると思います。ゴールデンウィークでたくさんの人たちが来てくれたことも力になりましたし、それがあっての引き分け、追いつけたことになったと思います。

早川知伸監督 質疑応答

-最初の交代で、右サイドをそっくり入れ替える形となったが?

岩武とマギーニョで前に行く推進力は2人ともあるので、ユニットで交代することで前に行く時間を作りたかった。そこからサイド攻撃を狙えればなと。意図して前に入っていけるところが増えたと思います。

-三浦知良選手を投入した狙いは?

サイドからの攻撃でクレーベがターゲットになれるという狙いが1つあった中で、ラインを引っ張る作業をクレーベがやって、そのライン間でカズさん(三浦選手)がボールを引き出せる場面が出てくると思った。中盤の作りやライン間でのボールの引き出しをカズさんにはお願いした。
そこからアタッキングサードに入ってクロスの場面も出てきていたので、ペナルティエリアの中に入っていってゴールを目指してほしいというところもありました。ボールをよく引き出していて、ボールへの関わりは非常に良かったですし、それ以上に守備のところもチームでやっていることを先頭に立ってやってくれたことは非常に評価しています。

選手コメント

MF28平岡 大陽
平岡 大陽

(プロ初ゴールを振り返って)
前節の浦和戦もシュートチャンスがあった中で決めきれず、そういうところで不甲斐なさを感じていたので今日ゴールを決められたことは本当に良かったなと思います。
自分がゴールを決める時は、だいたい何も考えずに力が抜けた状態で打ったほうが入るんですけど、今日もそういう感じで何も考えずに打った感じでした。
高校の時も中学の時もそんなにゴールを決めていたわけではないんですけど、浦和戦、柏戦使ってもらって、チャンスがあった中で決められなかったので、自分の中で決めなければいけないと思っていました。

(フル出場したが?)
今日はゴールする前もゴールした後も、ゴール以外は何もできなかったと思っています。
立ち上がりから自分の中ではうまくいっていなかった。90分出るという時のタフさとかメンタルの部分、クオリティのところでまた課題が見つかったので、収穫もありましたけどそういうところは大事かなと思っています。

(以前に攻撃面で課題があると言っていたが、そこは引き続き課題か)
そうですね。課題だらけというか、今日も後半は自分的には何もしていないので、そういう意味でチームに貢献できていない。
そこを変えていかないと競争に勝っていけないと思うので、そういうところをもっと突き詰めていきたいです。

(勝ち切れなかったが勝ち切るために必要なことは何か)
今日の試合に関しては1点を取った以外は相手のほうがチャンスも多かったと思います。
自分たちは受け身になっていたので、そういった時に僕も含めてピッチにいる11人が受け身になるだけじゃなくて、もっと点を取りに行くという姿勢でもっとクオリティを上げなければいけないと思います。
グループステージ突破のために、次は勝たなければいけないと思うので、今日も90分出してもらいましたけど先輩に助けてもらってばっかりだったので、もっと自分がチームを助けられるように頑張っていきたいです。

(横浜FCの三浦知良選手とマッチアップしたが?)
僕が小さい頃からずっとプレーされている方で、画面の中の選手という感じでした。僕の倍以上の年齢があって、やっぱり出てきた時はオーラもありましたし、一緒にピッチに立てることに喜びも感じました。
ただ対峙した時は、1人の選手として見ていたのでそこは特に変わりなかったです。

(三浦知良選手とボールを奪い合うシーンが多かったが、どのように感じていたのか)
身体をぶつけている瞬間は本当に普通に相手という印象ですけど、今から対峙するなという時は三浦選手だな、と感じました。他の選手と対峙する前は特に何も感じないですけど、やっぱり偉大な選手なので特別な感覚はありました。
多分、僕の両親が一番騒いでいるんじゃないかなと思いますけど。僕自身もずっとテレビで見ていた選手と同じピッチに立って、戦えたということは自分にとっても一つ成果かなと思います。

DF16山本 脩斗
山本 脩斗

(風も強くて難しいコンディションだったと思うが、引き分けについてはどうか)
先制して守備面でもチーム全体としてうまく守れていたと思うので、ああやって失点をしてしまって引き分けになってしまい、勝ち切れなかったという残念な試合だったと思います。

(失点シーンはフリーで打たせてしまったと思うが)
ああいう状況の中でベルマーレとしては、相手が戻すのかなという曖昧になった状況でした。ただゲームは始まって、始まったということは相手が攻撃してくるということなので、そこは切り替えて一人ひとりが寄せることや、マークを掴めていなければいけない状況だったと思います。
そこで止まってしまった、見てしまったというのがあの失点に繋がったと思いますし、そこは気の緩みやちょっとしたことが失点に繋がってしまったと思うので、チーム全体のミスというかもったいない失点だったと思います。

(ルヴァンカップで出場を重ねているが、山本選手自身のコンディションはどうか)
ここ最近ルヴァンで毎週試合出させてもらって、身体も動けてきていますし、自分としてのコンディションは良い状態なのでそこは問題なく出来ています。
ただ試合に出るからにはチームの勝利に貢献したいし、やっぱり勝って終わりたい。勝たなければいけない試合だったと思うので、もったいない試合だったなと個人的には思います。

FW13石原 直樹
石原 直樹

勝てば次のステージに進めることが決まる試合だったので、勝つことを意識して試合に入りました。

守備の面では、ほぼ思い通りに相手に圧力をかけられていたと思います。風があって難しい場面もありましたが、いい形で前半は終えられたと思います。
結果的に引き分けになってしまったので、やはりもう1点とりたかったなと思います。
後半入る時は勝っている状態だったので、プレーの選択や戦い方、シンプルにプレーするところはシンプルにプレーするなど、考えながらプレーしようと思って入りました。

(石原選手自身もゴールがほしいと思うが?)
そうですね、なかなかいい形でシュートを打てていないですが、動いたりスペースを作ったりということはできているので、あとはどこにボールがくるかということを考えてしっかり準備したいなと思います。
もっと要求しなければいけないですし、周りとの連携を深めていければと思います。
与えられた時にしっかりパワーを出せるようにいい準備をして次の試合に向かいたいと思います。

DF26畑 大雅
畑 大雅

今シーズン初めての公式戦でしたが、ここまでケガに苦しんで、またウィングの選手がみんないいプレーをしていて若干焦りもありました。
でもこうやって今日復帰して試合に出られたということは本当によかったです。
ただ、短い時間の中でも何かできたかと言われると、あまり出せなかったと思いますし、一番はチームとして勝ちゲームだった中で引き分けにされてしまったので、悔しい結果になりました。
引き分け続きでもあるので、本当に勝ちたかった。

入る時は1-0で勝っていたので、そんなにガツガツいくというよりは相手も右サイドを2枚替えて攻撃的な選手だったので、まず守備からしっかりして隙があれば攻撃に出ようと思っていました。
得点を決められてからは前に出ようと思いましたが、なかなか頭と身体がまだうまく合っていないところもありました。
練習試合もなかなかできない状態なので、そんな中でも使ってもらえたことは有難いですし、次は結果で返したいと思います。

(ポジション争いは熾烈だが?)
去年もすごく競争が激しい中、粘って粘って最後に試合に出られるようになったので、今年の最初もそう簡単にいかないということは分かっていました。現状は僕が一番下なので、バックアップの練習とかもしっかりやって上に上がっていけるようにやるだけ。いち早くリーグ戦でプレーできるように頑張ります。

(次に向けて)
次の大分戦は現状下位チーム同士の対戦で本当に大事な試合になると思うので、まず自分はベストなコンディションにもっていって試合に出られるように準備の部分から頑張りたいと思います。チームとしてもいい雰囲気を保ってこの期間いい練習をしていきたいと思います。引き分けじゃなくて勝ち切れるように準備したいと思います。