馬入日記

2014.01.14

【馬入日記:1月14日】2014年新チームが始動!!「継続と深化」を見せるシーズンに。

本日、2014年の新チームがいよいよ始動しました!!
選手総勢31名、それぞれが強い気持ちを持って臨む新しいシーズンです。

グラウンドに出る前に、まずは全体のミーティングからスタート。
毎年恒例となっていますが、初日のミーティングには、トップチームだけでなく、アカデミーコーチ、フロントスタッフも参加。
一人ひとり、自己紹介と今季の抱負を語りました。

眞壁社長からはクラブの歴史と共に、「周囲の“期待感”の何倍も越える“緊張感”を持って臨まなければいけない。それが応援してくれる方々に恩返しできる唯一の方法だと思う」と話がありした。

また監督からは、「目標は、湘南ベルマーレの過去最強のチームを作るということ。そのためのメンバーは揃っていると思っている。個人を伸ばし、チームを強くしよう。湘南スタイルはまだ未完成。チャレンジなくして成功はない。J1の基準でプレーし続けよう」といった話がされました。

グラウンドに出ると、初日から早速ボールを使ったトレーニング!
始動日に合わせてしっかりコンディションを作ってきた選手たちは、溌剌とプレーしていました。

そして、2014シーズンのキャプテンと副キャプテンが発表されました。
キャプテンは、昨年に引き続き永木選手が務めることとなりました!

永木選手は選手たちを前に「J2へ降格した責任を強く感じていること、また自分自身は去年、年上の選手に頼っていたところもあったと思うので、今年はその反省を活かしてやっていきたいと思います。すごくやりがいのある仕事だと思っているので、しっかり役割を果たしたいと思います。若いチームですが、個人のパフォーマンスを優先してしまう気持ちが出てしまうのは自分も経験したので分かりますが、まずは全員が“チームのために”という気持ちを持ってやっていくことがベルマーレにとって一番いいことだと思うし、それは個人にとっても成長できる一番の近道だと思います。一緒に頑張っていきましょう」と挨拶しました。

 
そして、副キャプテンは梶川諒太選手と遠藤航選手が務めることになりました。

梶川選手は「去年一年は、移籍してきたばかりでチームを引っ張っていくというよりもついていくという形でしたが、今年は2年目となり平均年齢もさらに若くなっている中で、しっかり責任をもってチームを引っ張っていきたいと思っています。元気に明るくやるというのはもちろんなんですけど、盛り上げるだけではなくて、締めるところはしっかり締めて厳しさも求めていきたいと思います。亮太くん(永木選手)を支えるのはもちろんなんですけど、支えるだけじゃなく自分から率先してチームを引っ張っていける存在になりたいと思います」と話していました。

さらには二十歳の遠藤選手も「今年は選手全員にとって個人の成長が大事な年になると思っています。個々の成長がチームの大きな力となるよう頑張っていきましょう」と話していました。

ぜひ、ご期待下さい!

 

 

 
さて、こちらは…
サガン鳥栖から加入した岡田翔平選手です!

ニックネームは、「オカ」や「ショウヘイ」ということ。
ストライカーとして活躍が期待されています!

今回、移籍を決断した理由を聞きました。
「正直最初は悩みましたが、必要としてくれているということがすごく伝わってきたこと。そして、そこで新しいチャレンジをしたいと思ったからです。去年はケガが多くて、やっと復帰して出た試合も前半の途中でケガしてしまったり。実はその試合はちょうど湘南戦でした。ケガに苦しんだシーズンだったので、やっぱり試合出場に懸ける気持ちは強いです」と。

自身の強みは?と聞くと…
「よくスピードがあるって言われるんですけど、自分ではそんなに(笑)。鳥栖ではいつもがむしゃらにやっていたし、最後まで諦めず、粘り強くいくということをやってきました。それが自分の特徴でもあると思っています。それから、裏をとる動きというのはずっと意識してやってきました。恐れずに、ゴール前に突っ込んでいったりというプレーを見せたいと思います」と。

どんなシーズンにしたいですか、と聞くと。

「もちろんまずはチームの結果を最優先して、J1に上がるというチームの目標を大切にする。個人としては1試合でも多く試合に出て、チームを救えるゴールをたくさん決められるシーズンにしたいです」

湘南のサッカーについては。
「すごくいいサッカーをしているというのは、対戦している時も感じたし、周りからも“面白いサッカーをやってるよね”というのは聞いていました。縦に速いとかゴールに直結するような勢いのあるサッカーなので楽しみです」と。

岡田選手は現在24歳。今年のチームの平均年齢は23.19歳です。
チームの中には24歳の選手が多く、大竹選手、丸山選手、大槻選手も24歳組。
「年下が多いのは新鮮です」ということでした。

ぜひ熱きストライカーに、ご期待下さい!!