ニュース

2009.06.26

Jクラブ初の地ビール「ベルマーレビール」6月28日より販売開始

bellmare_beer湘南ベルマーレでは、サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市金田)の製造による地ビール「ベルマーレビール」を6月28日(日)J2第24節 栃木SC戦より試合会場にて販売することとなりました。

地ビールの販売は、Jリーグクラブでは初めてのことです。

この地ビールは、4月に神奈川県が開発した新種オレンジ「湘南ゴールド」を使用したスイーツビールで、ラベルにはベルマーレのエンブレムがあしらわれています。

地元特産のオレンジ「湘南ゴールド」のスイーツビールをぜひご賞味ください。

◆名称
 ベルマーレビール(地ビール)

◆製造
 サンクトガーレン有限会社

◆価格
 550円(税込)
 ※ベルマーレタンブラーご持参の方は450円(税込)

◆販売開始
 2009年6月28日(日)

◆販売場所
 平塚競技場 飲食売店
 ※試合後、場外の総合案内所にてお土産ビールとしても販売

◆ビールの特徴
 神奈川県産のオレンジ「湘南ゴールド」を使用した、爽やかで瑞々しいフルーツビール。ラベルには湘南ベルマーレのエンブレムを大きく配しています。

◆ベルマーレが湘南ゴールド(オレンジ)の使用にこだわった理由
 ・地元(西湘)の皆様に支えられているチームとして、地元の皆様に恩返しするため、地元素材を使用したかった。
 ・「湘南ゴールド」は神奈川県のオリジナルみかんとして誕生し、他のみかん大国に勝負を挑むべく育成されています。それがチームの現状と重なり、ともに大きく育っていきたいと考えた。
 ・爽やかで瑞々しい香りと味わいが湘南ベルマーレのチームの雰囲気と合致した。