馬入日記

2011.03.06

【馬入日記:3月6日】最高の幕開け!5-0で開幕戦勝利!

110306-1待ちに待った2011年のJリーグがいよいよ開幕しました!
ベルマーレはホームにファジアーノ岡山を迎えての開幕戦。快晴の空の下、2011年のシーズンがキックオフしました。

記念すべき開幕戦、湘南ベルマーレは5-0で勝利しました!
大量5得点と共に、無失点での勝利。平塚競技場が歓喜に揺れました。

「我々の勝利を期待している、ずっと一生懸命応援してくれているたくさんのサポーターの存在を力に変えて勝てたことは非常によかった。チームにとっても勝って強くなるのが一番ですから、勝ってしっかり足元を見つめ、もう一度課題に取り組んでやっていくという意味では大きな勝利だと思う。我々も手応えをちょっとだけでも掴んだとは感じています」と反町監督。

開始7分の大井選手の先制ゴール、佐々木選手のいきなりの2ゴール、意思が通じ合って生まれた臼井選手のゴール、そして最後はついに復活を果たしたアジエル選手のPKによるゴールという5得点。
今季から本格稼働した大型ビジョンにも、何度も何度もゴールシーンが映し出されました。(やっぱりビジョンはいいですね!)

「今シーズン、しっかりゼロで終わる試合を増やそう、そして最終的にはシーズンを通して最少失点で終われるようなシーズンにしようと話をしていた。その成果が少しだけ出たかなという感じはしています」という反町監督の言葉どおり、守備のトレーニングを多く積み重ねてきた中での無失点勝利。
DF陣はもちろんのこと、前線からの守備も光りました。

試合後は最高の瞬間!勝利のダンス!
新加入選手が多く、まだダンスは若干左右バラバラでしたが…選手もサポーターも笑顔溢れるシーンでした。

 
110306-2記念すべき2011年のベルマーレ第1号ゴールを決めたのは、大井選手!
セットプレーではなく流れの中でヘディングシュートを叩きこみました。

アジエル選手がヒールパスで永木選手へ繋ぎ、永木選手がゴール前に入れた正確なクロスに大井選手がヘディングシュート!
「キーパーに触られたので止められたかと思ったのですが、佑樹(巻選手)たちがきてくれたので入ったことが分かった」と大井選手。

意外なことに開幕スタメンは初めてだったとのこと。
センターバックとしても声を出し続けリーダーシップを発揮。無失点を支えるとともに先制点を挙げるなど、まさにマン・オブ・ザ・マッチの活躍でした。

前向きな姿勢がいつもチームに大きな力を与えています。
「今日はサポーターのあたたかさをすごく感じてうれしかったです。こういう戦いを続けていくことが大事」と充実の表情で語っていました。

 

 
110306-3そして、見事2得点を挙げた佐々木選手!「蹴燃賞」を獲得しました。

1点目は巻選手がヘディングで競り合ったところに走り込み、相手のプレッシャーを受けながらもシュート!きれいに決まってチームに貴重な追加点を与えました。

さらに後半に決めた得点も、巻選手の競り合いから生まれたゴール。強さを見せつけ、2トップのコンビネーションもよく特長を活かし合いました。

「シーズンの最初なので、こういう勝ち方をした次の試合が大事だと思う。次に向けて気持ちを引き締めていかなければと思います。自分自身にももっと得点のチャンスがあった。だから今は次の試合で点をとることしか考えてない。次の試合に切り替えてます」と試合後はキッパリと語っていました。

そして、チームの3点目を決めたのは臼井選手でした。
菊池選手とのワンツーから生まれたゴールは、見る人を魅了する素晴らしいゴールでした。
「相手のバイタルにどんどん入っていこうというチームの意図もあったし僕自身もスムーズに身体が動いた。あのプレーに関しては自分の中でも大きかったと思います」と菊池選手が語ったとおり、意思疎通と日頃のトレーニングの成果が表れたゴールでした。

そして、5点目を決めたのはアジエル選手。
アジエル選手がドリブルで持ち込み菊池選手がパスを受けたところでファールされPKを奪取。落ち着いて決めました。
「ついに帰ってきた」とピッチで輝くプレーを披露したアジエル選手に大きな歓声があがっていました。
アジエル選手自身も「ここでのプレーは特別。最高に嬉しい」と喜びを語っていました。

 
110306-4試合前にクラブを代表して挨拶をした眞壁社長。

「我々は今日からまた急な坂を上ることになります。ベルマーレの価値は挑戦し続けることにあります。今日来てくれた子どもたちに“ベルマーレってどんなチーム?”と聞いた時に“Jリーグで一番勇気のあるクラブ”だと言われたい。そういう活動を続けていきます。そして、今日は皆さんにお詫びをしなければなりません。今日の時点で胸のスポンサーがついていません。私たちはプライドを持ってスポンサーの営業をしています。選手たちには、“今日は胸にプライドを貼りつけて戦ってほしい”と言いました。どうか皆さんも、共に湘南のプライドを胸に戦っていただけたらと思います」

皆さんの声援を受け、ついに2011シーズンが幕を明けました。再び記念すべき一年となるようクラブ全体で戦っていきます。
今シーズンもご声援をよろしくお願いします!