officialclubpartner2020
        

馬入日記

【馬入日記:10月18日】「チームを勝たせるキーパーに」谷晃生選手インタビュー

アウェイ2連戦を戦い、今日はホームに戻り柏レイソルとの対戦です!
札幌で1-2、C大阪で0-1と、その前の試合も含め1点差で敗れるゲームが続いています。
是が非でも勝点を掴むために、そして勝ち切るために、最後まで全力を傾けます。

今日は谷晃生選手に話を聞きました。今季J1リーグデビューを果たしここまで15試合でゴールマウスを守っています。

「試合を重ねていく毎に、毎試合課題が出てきますが、出た課題を修正して、また出てきた新たな課題に取り組んで修正する…という繰り返しです。ゲームの流れを読んでプレーするということは、GKというポジションでは特に求められる能力だと思っていますが、試合に出ていないとなかなか掴むことが難しい部分。少しずつ試合に出るにつれて試合の流れを読んで、どういうプレーが必要なのかということが判断できるようになってきたと思います。例えば、自分がボールをキャッチする時に時間をかけることで味方がポジションにつく時間を作ることだったり、攻められているから流れを切るためにロングボールで前に起点を作るとか、そういうところを自分も少しずつやれてきているのかなと感じます」

公式戦のピッチに立つことで感じられる様々な課題や成長の手応え、試合を経て日々の練習を通じて全身で吸収しています。
そして自身がカバーするプレーエリアを広げることにも取り組んでいます。

「湘南はハイラインで守備をしているので、ここ何試合かも背後のスペースというのを狙われていると思いますが、自分がカバーできる範囲を少しでも広げるためのポジショニングだったり、DFの位置を見て、また相手の持ち方やその選手の特徴を見ながら自分のポジショニングを変えていくということを少しずつできるようになっているのかなと思います」

また、試合の中での“声”も意識しているところです。

「キーパーをやっている選手みんなが思うと思うんですけど、自分のところにボールがこなくて勝つのが一番いいと思う。そのためには自分の声だったり、ゲームの流れを読んだプレーで、ピンチになる場面を減らしたい。特に今は声も通るし、できる部分だと思うので意識してやっていきたいと思っています」

チームメイトとの連携を高め、無失点で試合を終えたいところです。

「失点の部分で、自分がどうしていれば止めれたのかというのは、毎回毎回反省して映像を見て、次はどうしたらいいのかと考えてやっています。毎回同じシチュエーションがくるわけではないので難しい部分もありますが、やっぱりそこも試合経験を多く積むにつれて、よりよいポジションがとれるのかなと思います。もちろん、セオリー通りにやっていればいいということではないので、状況に応じて変えていかなければいけない。自分の中でもっと突き詰めていければと思っています」

勝利への思いは強くなる一方です。

「勝たせるキーパーにならなければいけない。コーチングもそうだし、背後のカバーだったりすべてのプレーの質を高めていく必要があると思っています。この前のように終盤に失点することが多いので、いかに90分を通してDFラインやチームを後ろから統率していけるかというところと、自分のプレーでどこまで抑えられるかということが大事になってくると思っています」

今日は強力な攻撃陣を擁する柏レイソルとの対戦です。

「前線にはオルンガ選手をはじめ、江坂選手、クリスティアーノ選手もいて、どこからでもシュートを狙ってくると思いますし、その質も得点力を見ると分かる通り高いと思う。試合の中での準備はいつもどおりですが、DFをもっとシビアにつかせてロングボールも増えてくると思うので、自分の役割をきちんと果たせればと思います。J1にはいい選手がたくさんいる中で、自分がこうして試合経験を積むことができていますが、試合の1秒、ワンプレーのすべて自分の貴重な経験になっていると思います。本当にチームを勝たせられるようにプレーしたいと思っています」

今日の試合から太鼓(ゴール裏のみ)や応援ハリセンなど自席で叩ける鳴り物がOKとなります。(スタジアムにより異なります)
ぜひ太鼓とリモート応援に合わせて、手拍子でチームを後押ししてください。
今日もスタジアムでの応援、よろしくお願いします!