馬入日記

2011.01.06

【馬入日記:1月6日】永田選手がサガン鳥栖へ移籍。「感謝」の気持ち。

110106-1本日、永田選手のサガン鳥栖への完全移籍を発表しました。

2008年に立命館大学から加入した永田選手、2010年は8試合の出場に留まりましたがルーキーイヤーには33試合、昇格を決めた2009年は42試合に出場し、中盤でチームを支えました。
クラブを離れることは残念ですが、新天地で活躍するため努力を続けることでしょう。

今日は馬入へやって来て、スタッフみんなに挨拶をしました。
これから家を探したり、荷物を運んだりと忙しい日々のようです。

リリースをする時の永田選手のコメントはとても心のこもったものでした。
「プロ1年目から、最高の声援と最高の愛情で成長させてもらい、心から感謝しています。平塚は試合で来ます。楽しい、熱いゲームをしましょう。本当にありがとうございました」と。
コメントには、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちが詰まっていました。やはり選手は、声援によって支えられ成長していくのだと改めて感じるものでした。

永田選手の言うように、鳥栖とは2回対戦があります。
熱い試合となることは間違いないでしょう。対戦を今から楽しみにしたいところです。

 
110106-2ところで、こちらは…
トライアスロンチームの中島コーチと、ソフトボールチームの中井選手。
事務所に同じタイミングで現れたので、なかなか珍しい2ショットを撮影。

ソフトボールチームが発足した初年度の2005年から在籍している中井選手、実は2010年をもって現役を引退することとなりました。
何もないところからスタートした当時を知る、最後の選手です。(もちろん、安藤監督は指揮を執っていますが!)

トライアウトから入団した中井選手、6年間常に明るく元気に、逆境にも負けずに前へ前へと進み続けてきました。
その姿は周囲に勇気を与えるものだったと思います。
「本当にたくさんの経験をさせてもらいました。それはベルマーレでしか経験できないことばかりでした。これからの人生の大きな糧になります」と中井選手。

昼間は働き(地元の神奈川電設さんにずっとお世話になっていました。写真の中井選手は制服着用!)、ソフトボールに打ち込んできた6年間でした。
新しい第一歩が、また輝かしいものになりますように。

そして、トライアスロン中島コーチはFMヨコハマのインタビューを受けました。
1月末に「湘南国際マラソン」が行われますが、その大会の前に「走り」のエキスパートとしてマラソンについて様々なレクチャーをしました。
FMヨコハマの「アサレン」にて3回に渡ってオンエアされる予定です。ぜひチェックを!
1月9日(日)7:00~/1月16日(日)7:30~/1月23日(日)7:00~