馬入日記

2020.07.17

【馬入日記:7月17日】「自分たちを信じて」鈴木冬一選手インタビュー

明日より再び3連戦です!
明日18日(土)はアウェイで柏戦、そして来週22日(水)はホームで鹿島戦、さらに26日(日)はアウェイ川崎戦となります。

アウェイゲームはまだ現地でご観戦いただけませんが、ぜひDAZNで画面越しに皆さんの“熱”を送ってください!

さて、今シーズンここまでの4試合、先発出場を果たしている鈴木冬一選手に話を聞きました。
まずは現在のチームの状況を聞きました。

「コンパクトにして、後ろは早くラインの上げ下げをして、前はしっかり追いかけるということができている時はいいゲームができていることが多いと思います。ラインが少し遅かったりずれてしまった時や、疲れてきた中でコンパクトが保てなかった時は、自分たちの思うようにいかない試合になっている。常にハイラインを保って、前からプレッシャーをかけるというところはもっと突き詰めていかなければいけないし、それができたらいい試合になると思います」

自分自身についてはどうでしょうか。

「ドリブルやクロスを武器としてやっていますけど、対戦相手のチームはスカウティングしていると思うので、対策されてもそれを上回るようなプレーだったり、対策しきれないプレーをしたいと思っています。逆足の右足をもっと使ったり、中に侵入していくようなプレーも出していきたいです」

横浜FM戦や札幌戦では、仲川選手や白井選手とのサイドでのバトルに見応えがありました。

「どのチームにも、サイドには強力な選手がいると思うので、その選手たちを抑えて、なおかつ自分も攻撃で圧倒できるようにしていきたい。以前より少し余裕をもってプレーできるようになってきたと思います。去年から技術のところが変わったかと言ったらそういうわけでもないと思いますが、自信がついて余裕が出てきたことが大きい。練習から余裕を持ってプレーするようにしたり、たとえ余裕がない状況になっても、余裕のある表情とかプレーを意識して、平常心を保ってやろうとしています。それによって、自分のパフォーマンスがコンスタントに出せていると思います」

昨年はルーキーながら22試合に出場し、経験を積みました。横浜FM戦では初ゴールもマークしました。

「楽して勝てる相手はいないし、すべてギリギリの戦いの中ですけど、個人としてもチームとしても結果を出し続けるということが目標であり課題だと思っています。チームで“GET3”と言っていますけど、目の前の試合で勝点3をより多く詰めるように、連戦でもチームの士気を高めていきたい」

明日はアウェイでの柏レイソル戦。そして鹿島、川崎と試合は続いていきます。

「前に強力な選手もいるのでそこを抑えつつ、最近は攻撃の部分でチームとしていい形が作れているので、自分たちを信じてパフォーマンスを出していきたいです」

試合内容の充実を、勝利という結果に結びつけたいところです。

「もちろん自分がたくさんアシストしてゴールして勝つのが一番いいですけど、サッカーはそれだけではないので、ゴールやアシストに繋がっていく、最初のプレーや途中の繋ぎのプレーにもこだわっていきたい。一人ひとりが丁寧に、且つスピーディーに試合を進めていくということが大事ですし、最後の部分だけでなく、最初の部分、途中の部分でもしっかりこだわってやるのが勝利に直結するプレーになるのかなと思います」

明日は三協フロンテア柏スタジアムで19:00キックオフ。
共に戦いましょう!