馬入日記

2020.02.20

【馬入日記:2月20日】明日はいよいよリーグ開幕!岩崎悠人選手インタビュー

200219-1明日2月21日(金)はいよいよJリーグ開幕!
BWMスタジアムで行われる湘南ベルマーレvs浦和レッズの一戦が今シーズンのJリーグオープニングマッチとなります。
金曜ナイターとなりますが、1試合だけの開催のため超注目試合となりそうです!

今シーズン、北海道コンサドーレ札幌から加入した岩崎悠人選手に話を聞きました。
先週末のルヴァンカップ大分戦でスタメン出場し、タリク選手と2トップを組みました。

1-0で勝利した大分戦でしたが、選手たちはもっと自分たちらしさを出したかったという悔しさを抱いています。

「大分は引いて守ってくる戦い方でしたが、前半は大分の岩田選手のところに全然プレッシャーがかからなかった。ただ後半、舘くんが出ていくようになってかなり改善されたと思います。あそこで前向きにプレッシャーがかかるといい形で攻撃ができる。いい形でボールを奪えればいい攻撃に繋がることを感じました。今度浦和がどういう戦い方をしてくるかは分からないですが、湘南スタイルをしっかり出していきたい。カウンターで得点がとれれば勢いづくと思うので、僕自身もどんどん前に出ていきたい。思い切ってスプリントしたいなと思います」

岩崎選手のスピードやエネルギッシュなプレー、ひたむきに走る姿にはすでに湘南らしさが溢れています。

「でもまだまだ、大分戦では自分がボールを引き出せなかった。実際なかなかボールが出てこなかったので、もう少し自分のところで前を向ければ攻撃のバリエーションが増えると思う。チームメイトの信頼を勝ち取らなければいけないと思っています。もっと自分を見てもらってボールを出してもらって、どんどん仕掛けていきたいです」

チームとして始動から積み重ねてきたものを、よりピッチの上で発揮したいところです。

「攻撃のところで、昨年よりも遅攻が増えたというのは新しくトライしている部分。まだ難しい状況はありますし時間はかかると思うけど、そこが成熟されれば楽しいサッカーができると思う。大分戦は、正直サポーターの皆さんも観ていて面白くなかったと思いますけど、これからどんどん面白くなっていくのかなと思います。今週の練習でも明確だったことは、自分たちがボールを持っている時にしっかり数的優位を作ろうというところ。面白いサッカーが見せられるようにやっていきたいと思います」

岩崎選手は京都橘高校を卒業後、京都サンガF.C.へ加入。ルーキーイヤーから35試合、2年目も33試合に出場しました。
2019年に札幌へ移籍しJ1の舞台へ。しかし昨年は8試合の出場に留まるなど悔しい想いも味わいました。

「今年は自分を信じて、自信をもってやりたいなと思っています。自分の強みはパワフルで推進力のあるプレー。スペースがあって前向きにボールを蹴れれば仕掛けていけるので、そこはどんどんやっていきたいと思います。それから、大分戦の後半で仕掛けていったけどゴールラインを割ってしまったプレーがあったんですけどサポーターの皆さんが拍手をしてくれた。サポーターの皆さんはそういうプレーが好きなんやなって思いました。そういう自分の前向きな気持ちをプレーで表現したい。歓声が上がるようなプレーをしたいと思います」

いよいよ迎えるリーグ開幕です。

「ルヴァンの時も感じたことなんですけど、試合に出られるということは自分にとってはすごく感謝しなければいけないことだと思う。もしピッチに立つことができるなら、そういうチャンスをもらえるなら、全力でプレーしたい」

チーム力を結集させて挑む、絶対に熱戦となる浦和との90分です。

「他の試合がない分観てくれる人も多いと思うので、緊張もしますけど楽しみたい。点取りたいですね」

ぜひ、スタジアムへ!スタジアムに行かれない方はぜひDAZNでご声援を!

200220-2ところで!
この度、産業能率大学出版部より隈元大吾さんの著書「湘南ベルマーレGAMEBOOK2019」が出版されました。

ベルマーレの全試合を取材してくださっている隈元大吾さんによる、2019シーズンの全記録です。
試合戦況や試合後の監督のコメントはもちろん、コラム、勝手にMIPなど読み応え抜群、完全保存版です。

明日、2月21日(金)の浦和戦ではキングベルパークに「湘南ベルマーレGAMEBOOK2019」の販売ブースが出店されます。ぜひGETしてください!

※詳細はこちら
http://www.bellmare.co.jp/232129