スポーツクラブニュース

2019.11.17

2019ナショナルトレセンU-14後期メンバーに湘南ベルマーレ U-15から5名の選手が選出のお知らせ

11月21日(木)から24日(日)にかけて、日本サッカー協会が実施します「2019ナショナルトレセンU-14後期」に、湘南ベルマーレ U-15から小杉啓太選手、本多慶貴選手、石井久継選手、本多康太郎選手、寺下翔和選手の5選手が選出されましたのでお知らせいたします。

【選出選手】
◆小杉 啓太(コスギ ケイタ)
生年月日:2006年3月18日
身長・体重:165cm・60kg

◆本多 慶貴(ホンダ ヨシキ)
生年月日:2005年4月8日
身長・体重:162cm・51kg

◆石井 久継(イシイ ヒサツグ)
生年月日:2005年7月7日
身長・体重:162cm・54kg

◆本多 康太郎(ホンダ コウタロウ)
生年月日:2006年5月20日
身長・体重:183cm・70kg

◆寺下 翔和(テラシタ トワ)
生年月日:2006年6月28日
身長・体重:168cm・64kg

【トレセンの目的】
トレセンの目的は、個の育成の充実を図る高いレベルの指導・環境の提供と、選手同士による刺激から得たものを自チームに還元していくことです。また、指導者へのJFAの発信機会として重要度を増しています。
日本のユース育成の中心的役割を果たしているナショナルトレセンは、各地域から選抜された選手たちに、より良い環境を与える強化育成の場であるとともに、指導者のレベルアップの場でもあります。
「世界」を基準に抽出された「日本サッカーの課題」から各年代に応じたテーマを設定し、その課題を克服するためのトレーニングや試合、レクチャーを行います。
※JFAホームページより