馬入日記

2019.09.14

【馬入日記:9月14日】勝利を求め大分と対戦!大野和成選手インタビュー

190913浦和戦のあと2週間のインターバルを挟み、いよいよ大分戦です!
ここ3試合、2分1敗という戦績ながら、試合内容的には非常にポジティブな要素が多い状況。
とはいえ、ほしいのはもちろん勝利。勝点3への思いは一層強くなっています。

大野選手に話を聞きました。
まずは2週間前の浦和戦について聞くと…

「やっぱり先に失点してしまったことが痛かった。最近のチームからは、取り返せるということは感じるけど、だからこそゼロのまま引っ張りたかった。浦和戦はあっさりとした簡単な失点になってしまったし、そこは本当に悔しいところ。ひとつ思うのは、攻撃も守備もやり切ることが大事かなと思います。失点のシーンも、自分たちが攻めていて最後しっかりシュートまでいけていたらカウンターを食らうこともなかった。逆に浦和は少ないチャンスを決め切る力があった。うちはチャンスを多く作れたけど1点しか入らなかった。最後はそこの精度かなと思います」と。

攻撃のバリエーションが多彩でチャンスの数は多くありました。「得点の匂いはすごくしますね。手応えはあります」と大野選手。

特に感じるのは「前とは試合展開が違うということ。以前は1点をとってひたすら守るって感じだったけど、最近は得点が奪えるしチーム力がついてきてると感じます。後半戦に入る前の5連敗の時は、理想を追い求めすぎていました。強くなるために新しいことをやりすぎて積み重ねてきた大事な部分を忘れていた。原点に戻って、自分たちのよさを思い出した感じでした。そして意外と、原点に戻ると余裕が出てくるのか、新しく求めていたこともできるようになっていったと思います。面白いものだなと思います」と。

日々のトレーニングも、変わらぬいい雰囲気で行われています。

「練習はすごくいいですね。いまこうして継続してできているというのが、やってきたことがしっかり浸透していたという証明でもあると思う。自分たちのスタイルややるべきことがなかったら、すごく難しかったと思うけど、やってきたことがあってそれに自信を持っているから、それをシンプルにやるだけだと思っています」

約1か月前の報道から、大野選手のキャプテンとしての振舞いはチームの大きな支えとなってきました。

「最初の1週間は、このままチームがバラバラになるんじゃないかという不安で、何とかしなければいけないと思ったけど、たくさんの選手と話をした時に感じたのは、みんなすごく自立しているなということ。あ、このチームならいけるなって思えた。本当にそれぞれがみんな、やらなきゃいけないって分かってるし、何よりこのサッカーが根付いてる。だから変な心配はいらないなと思いました。ピッチの中でひとつになれるとか、すごくいいことだと思う。だから今は、自分は自分らしくプレーするのが一番かなと思ってます」

そして「最初の試合だった鳥栖戦、スタジアムの雰囲気もめちゃくちゃよかったから本当に勝ちたかったですね」と。

その勝利に向けて、このインターバルの期間もいい準備を重ねてきました。

「本当に勝ちたい。そのためにいい準備をしてきたと思います。手応えは感じてるしあとは結果。1本のパスミスで失点に繋がるということもあるので、質が大事だと思っています。基礎はできているので、あとはその質を高められれば、もっと点を取れると思うし、もっと面白い試合ができると思う」

大分戦はアウェイでの戦いとなりますが、どうか現地でDAZNで、変わらぬ熱いご声援をお願いします。キックオフは18:00です!