馬入日記

2019.03.05

【馬入日記:3月5日】リーグとルヴァンの連戦がスタート!古林選手インタビュー

190304-1開幕からホームで行われたリーグ2連戦。連勝を目指して戦ったFC東京戦は残念ながら2-3で敗戦を喫しました。しかし、最後までゴールに向かって果敢に攻める見応えのある90分でした。
リーグ戦と共に明日からはルヴァンカップもスタートするという連戦の中、チームひとつに戦います。

さて、FC東京戦で後半のスタートからピッチに立った古林将太選手。
1-2でリードされていた状況でピッチへ。
ベルマーレのユニフォームを着てプレーをするのは4年ぶりのこと。懐かしい古林選手のチャントが響きました。

「負けている展開だったし、逆転しなきゃいけないという状況だったので緊張感がすごかったです。自分自身はチームを勝たせるためにきた人間だと思っていたから、その役割を果たさなければいけないという気持ちだった。身体がガチガチになって動かないという緊張ではなく、いい緊張感だったと思います」

後半から入り、右サイドでらしさを発揮しましたが、古林選手としては悔しさが募ります。

「得点を狙いにいくのはもちろん、守備の部分で失点をしないようにということを考えていました。もっと右から仕掛けたかった。ただ仕掛けてとられてカウンターというのが怖かったし、それならやっぱり切り返してクロスを入れるとか完結して終わろうと思っていました。試合の展開によっても入り方は変わるので東京戦は難しい部分がありました」

ベルマーレに復帰して2か月弱。ピッチ内外で存在感を発揮しています。
「今年やっている、予測して3人目がどんどん飛び出していくっていうのは、もともと僕の得意なプレーだから、それは最初から迷うことなくできたし、スムーズに入れた。みんな“きつい”って言ってるけど、そんなでもなくて。いや、きついんですよもちろん。でもそれより楽しめてるから。めちゃめちゃきついけど、楽しんでやれてるという毎日です」

名古屋、仙台と2チームでのプレーを経験して得たものもたくさんあります。

「常に出られるわけじゃないし、その争いの中で常に100%でやらなければいけない。基本的なことですけど、常にどんな時も集中していることは身に着いたと思います。以前だったらぽかんとして怒られたりっていうこともあったけど、いろんなこと経験して自分自身も変われた部分もあると思います」

ミーティングでは曺監督の言葉を噛み締めて聞いているようです。
「濃いですよね、ミーティングが。他のチームはサッカーのことだけしか言わないけど、いろんな出来事とかサッカーではない映像も使って僕らに大切なことを伝えてくれる。楽しんで聞いているしモチベーションの上がり方がすごい。普通はないので移籍してきた選手とか驚いてると思う(笑)」

リーグ戦では2試合ベンチスタート。もちろんスタートから出たいという気持ちは強く抱いています。
「常にどこのチームでも競争はあることだから。練習で100%でやるのみだと思っています。プレーでは大人になりすぎてるところもあるから、もっとやんちゃにならないと。試合に出て培うことができるものも多いので、4試合5試合と積み重ねていきたい。ここからどんどん上げていかなければと思っています」

思い切りのよいらしさ溢れるプレーで、さらに沸かせてくれることでしょう。
3月の連戦はハードですが、リーグ戦もルヴァンカップも重要な試合が続きます。チーム全体の力で乗り切ります!