馬入日記

2018.12.01

【馬入日記:12月1日】「俺らにこの試合はかかっている」

IMG_2481

12月1日、いよいよ迎える最終戦を前に「いろんなことがあったシーズン」と坂圭祐選手は振り返ります。

「最初は試合に出られない時期がって、そのあと出た試合では相手に吹っ飛ばされて、そこからJリーグでデビューできて、色々ありましたね」

そうして刻んだ日々は、間違いなく最終ラインの中央にそびえ立つルーキーを成長させていきました。「最初に想像していたものとは違っていたけれど、一つひとつ課題をクリアしてここまできたと思う」自身もその足跡をしっかりと感じ取り、そしてその成長の証を最終戦でピッチに表すことを期します。

相手はリーグ屈指の攻撃力を誇る名古屋。得点ランクトップを走るジョー選手とはマッチアップする機会も増えることでしょう。「普通にやって抑えられる選手ではないと思う」そう相手をリスペクトしながらも、しかしらしく戦えば対抗できると力強く語ります。

「改めて僕ら3バックの良い関係性が出せればと思う。ずっとやってきたこと、もう一度基本に立ち返るじゃないけれど、両脇と協力しながらやっていきたいです。後ろの選手は『俺らにこの試合はかかっている』くらいに思っているし、そういう気持ちで臨みたい」

記した成長を示す相手に不足はありません。いろんなことがあったシーズンの最終戦で、見せるべき自分たちの姿をピッチに映し出します。