MATCH試合結果

2020明治安田生命J1リーグ

第28節 vs 名古屋グランパス

11月21日(土) 17:03キックオフ @豊田スタジアム

HOME  名古屋グランパス 湘南ベルマーレ  AWAY
名古屋グランパス 3 1 前半 1 1 湘南ベルマーレ
2 後半 0
52 > 55 勝点 23 > 23
11分 マテウス
51分 阿部 浩之
56分 ガブリエル シャビエル
得点者
17分 坂 圭祐
選手 シュート シュート 選手
GK 1 ランゲラック 0 STARTING
LINEUP
0 谷 晃生 25 GK
DF 34 オ ジェソク 0 0 舘 幸希 19 DF
DF 4 中谷 進之介 0 1 坂 圭祐 4 DF
DF 3 丸山 祐市 0 0 石原 広教 38 DF
DF 23 吉田 豊 0 0 岡本 拓也 6 MF
MF 25 前田 直輝 2 0 茨田 陽生 23 MF
MF 15 稲垣 祥 1 0 齊藤 未月 16 MF
MF 2 米本 拓司 1 0 松田 天馬 18 MF
MF 16 マテウス 5 0 畑 大雅 26 MF
FW 10 ガブリエル シャビエル 3 1 指宿 洋史 9 FW
FW 11 阿部 浩之 1 0 中川 寛斗 14 FW
GK 21 武田 洋平 SUB 後藤 雅明 21 GK
DF 6 宮原 和也 0 大野 和成 8 DF
DF 13 藤井 陽也 大岩 一貴 22 DF
DF 26 成瀬 竣平 0 2 古林 将太 5 MF
MF 8 ジョアン シミッチ 0 柴田 壮介 30 MF
MF 24 石田 凌太郎 1 オリベイラ 40 MF
FW 27 相馬 勇紀 1 0 岩崎 悠人 20 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
 
14 シュート 5
◆68分 舘 幸希
8 ゴールキック 7
2 コーナーキック 2
15 直接フリーキック 6
0 間接フリーキック 1
0 オフサイド 1
0 PK 0
得点経過
◆11分
16 マテウス
中央 相手DF → 16 カット ~ 左足S
◆51分
11 阿部 浩之
左 23 ↑ 中央 25 ~ → 11 右足S
◆56分
10 ガブリエル シャビエル
中央 15 カット ~ → 16 ~ ↑ 10 左足S
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
◆17分
4 坂 圭祐
中央 4 ヘディング ↑ 14 ↑ 4 ヘディングS
 
 
 
選手交代
◆68分
11 阿部 浩之 → 27 相馬 勇紀
◆79分
10 ガブリエル シャビエル → 26 成瀬 竣平
◆62分
14 中川 寛斗 → 20 岩崎 悠人
23 茨田 陽生 → 8 大野 和成
9 指宿 洋史 → 5 古林 将太
◆81分
16 齊藤 未月 → 30 柴田 壮介
◆86分
19 舘 幸希 → 40 オリベイラ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
15,480人 晴、無風 14.9℃ 46% 全面良芝 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
臼井 郁夫 福島 孝一郎 平間 亮 鈴木 規志 間島 宗一 中山 幸夫

ハーフタイムコメント

浮嶋監督ハーフタイムコメント

・守備の時、互いの距離感を意識すること
・ボールを奪った時は周りのサポートを早く

監督コメント

浮嶋監督 総括
浮嶋監督

ここ名古屋の地に信じられないくらい多くのベルマーレのサポーターに来てもらって、本当にパワーもらいましたし、本当にそれに応える戦いの結果を出せなかったことは申し訳なく思います。
試合の方は(ボールを)取った後の切り替わりの守備から攻撃の切り替わりのところのミスが立ち上がりから多くて、そういうところで二次攻撃、三次攻撃と受けた中での1失点目。
2失点目は崩されたと思うんですけど、3失点目はまた同じような守備から攻撃の切り替わりのところで引っかけてしまってカウンターで失点してしまった。
メンバーが代わった中でももう少しやっていかなければいけないと思います。

浮嶋監督 質疑応答

-金子選手が不在だったが、戦術上の理由か?

ちょっと連戦の疲れも出て、コンディション不良だったため今日は欠場ということになりました。

-途中出場の古林選手がフォワードに入ったように見えたが?

そうですね。今負傷者も多いので、彼にはあそこのポジションでやってもらいました。

マッシモ フィッカデンティ監督 総括

前半はこういう形でやってくるだろうなという予想どおりの形だった。良い形で得点は入ったが、逆に相手にとってすごく良いタイミングで同点ゴールを与えてしまった。相手に消されてある意味ワクワクするシーンが少ない前半だった。しっかり相手に守られている時間帯は、こちらもシンプルにFWに当てるという選択肢がない中で、細かくつないでいかないといけなく、繰り返し守り直されて難しい展開でしたけども、その中で後半、また良い時間帯で点が取れてオープンな展開になって、スコアとしてはこういう形になりましたが、もう少し派手なゲームになりそうな後半でした。
しっかりと我慢しながら、こういう試合になるということを受け入れて、リードしたところで追いつかれることなく、堅い試合をしながら、相手に前に来させてスペースを空けて、オープンな展開でそこを突いていくということができたので、やるべきことができたと思います。

マッシモ フィッカデンティ監督 質疑応答

-前半、攻守の流れが良かったと思うが?

こちらがどういう戦い方をしてきても、相手は前からプレスを掛けてくる。ならこれだけ走らないと(プレスは)掛からないよ、というボールの持ち方というのを選手が理解してプレーできた。予想どおりプレスに来て、そのやり方は90分できないと、時間の経過とともにわれわれが優位になると分かっていた。正しいやり方でポゼッションをするということがこの試合のテーマだったので、時間の経過とともにやりやすいゲームになった。

選手コメント

DF38石原 広教
石原 広教

今までとやり方も一緒でしたしやりにくさも全くなかったんですけど、我慢の時間帯に失点してしまったことで、少しのズレが生じてしまったかもしれません。
1試合を通して自分たちのミスも多かったと思います。メンバーが代わっていたり、それぞれここ数試合とポジションが違うということもあったので、慣れないポジションによって多少ズレはあったかもしれません。
でも最後までみんなで諦めず戦いましたし、ネガティブになる必要はないと思います。
(次に向けて)連敗は絶対にしてはいけないですし、それぞれが全力を出すという意識をしっかり持って、また練習からいい準備をしたいと思います。

豊田スタジアムまでたくさんのサポーターの皆さんが来てくださった中で、勝ちを届けることができなくて本当に悔しいですが、拍手や手拍子が背中を押してくれました。最後まで諦めずに頑張ろうと思えました。次ホームでまた大きな後押しをもらえると思うので、結果で恩返しできるように100%以上の力を出して戦いたいです。

DF4坂 圭祐
坂 圭祐

チームとしてここ最近負けていなかったので、負けないようにということを意識していましたし、自分にしかできないプレーをやろうという意識で試合に入りました。
(先制されてすぐに追いついたがゴールシーンを振り返って?)スカウティングであの場所を狙おうということになっていたので、チームとして狙い通りのボールが来たという感じでした。
(去年も復帰戦でゴール決めていると思うが?)多少は意識しました。でも試合中は全然何も考えていなかったですけど。
(守備に関しては?)1失点目はバランスは崩れていなかったですが、マテウス選手がスーパーだったので、そこはそんなに悲観することはないと思います。前半は戦えていたので良かったのかなとは思いますけど、後半はちょっとバラバラになってしまった部分があったのかなと思います。
(今後に向けて)チームとして調子は悪くなかったと思うので、この一戦で負けたからといって下を向くのではなくて、いい意味で切りかえて、次の一戦に向かっていけたら良いなと思います。

MF5古林 将太
古林 将太

自分の慣れているポジションではなくFWでの出場となりましたが、練習では1日、2日やっていました。
ディフェンスだったらこう切るとかここをやらせないということを考えながら、裏に抜ける動きやクロスに入っていくなどを意識してできたのかなと思います。ただ、得点できるチャンスもありましたし、ああいうところで結果を出さないとダメだなと思いました。
(FWの準備はしていたということか?)そうですね。いきなりの出場ではなく1日、2日前くらいから練習でやってはいました。ケガ人が出る中でいろいろなポジションができなければいけない。右と左とFW、とりあえず前線全部言われてたので準備はしていました。

(攻撃については?)相手に速い選手がいたり相手が前線でボールをためる場面が多くて、いざ攻撃になっても前に手数が少ないという場面が多かったんですけど、そこで自分とが出たら裏に出るとか相手のようにためを作るとかそういうことをしていけば、もっとチャンスは多くできたのかなと思いました。

チームが良い流れできていたので、その流れを継続させたかった。ただここで一旦切れましたがど、次の試合に向けての課題などがたくさん見つかったので、そこは修正できるところかなと思います。

(相手にポゼッションされ取ってもまた取り返される展開が多かったが?)
FWで出るゲームが初めてだったので、なかなかうまくボールを取ることができなかった。相手のディフェンスが良いポジションを取っていましたし、そこはもう少し自分たちのFWとボランチとサイドハーフで連携して何らかの形で取れたのかなと思います。見つかった課題を修正して次に繋げていきたいと思います。