MATCH試合結果

2019明治安田生命J1リーグ

第21節 vs 鹿島アントラーズ

8月3日(土) 19:03キックオフ @Shonan BMW スタジアム平塚

HOME  湘南ベルマーレ 鹿島アントラーズ  AWAY
湘南ベルマーレ 3 0 前半 0 2 鹿島アントラーズ
3 後半 2
23 > 26 勝点 38 > 38
49分 山﨑 凌吾
52分 野田 隆之介
90+6分 坂 圭祐
得点者
61分 セルジーニョ
72分 伊藤 翔
選手 シュート シュート 選手
GK 1 秋元 陽太 0 STARTING
LINEUP
0 クォン スンテ 1 GK
DF 13 山根 視来 1 1 永木 亮太 6 DF
DF 4 坂 圭祐 3 0 チョン スンヒョン 5 DF
DF 8 大野 和成 0 0 犬飼 智也 39 DF
MF 28 鈴木 冬一 0 0 小池 裕太 26 DF
MF 16 齊藤 未月 1 1 三竿 健斗 20 MF
MF 19 金子 大毅 2 0 名古 新太郎 30 MF
MF 5 杉岡 大暉 1 2 レアンドロ 11 MF
FW 18 松田 天馬 1 3 白崎 凌兵 41 MF
FW 11 山﨑 凌吾 5 0 土居 聖真 8 FW
FW 15 野田 隆之介 3 3 セルジーニョ 18 FW
GK 25 松原 修平 SUB 曽ヶ端 準 21 GK
DF 6 岡本 拓也 1 町田 浩樹 28 DF
MF 7 梅崎 司 0 1 山本 脩斗 16 DF
MF 10 山田 直輝 小泉 慶 37 MF
MF 50 古林 将太 遠藤 康 25 MF
FW 9 指宿 洋史 1 上田 綺世 36 FW
FW 20 クリスラン 0 3 伊藤 翔 15 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
 
18 シュート 15
◆56分 白崎 凌兵
10 ゴールキック 14
5 コーナーキック 6
14 直接フリーキック 15
3 間接フリーキック 2
3 オフサイド 2
0 PK 1
得点経過
◆49分
11 山﨑 凌吾
中央 15 → 左 5 ↑ 中央 11 左足S
◆52分
15 野田 隆之介
中央 16 ~ → 5 左足S 相手DF こぼれ球 15 右足S
◆90+6分
4 坂 圭祐
左 CK 7 ↑ 中央 4 ヘディングS
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
◆61分
18 セルジーニョ
左 16 スローイン 中央 41 ↑ 8 ↑ 18 右足S
◆73分
15 伊藤 翔
PK 15 右足S
選手交代
◆70分
28 鈴木 冬一 → 6 岡本 拓也
◆78分
15 野田 隆之介 → 7 梅崎 司
◆88分
18 松田 天馬 → 20 クリスラン
◆54分
11 レアンドロ → 15 伊藤 翔
26 小池 裕太 → 16 山本 脩斗
◆86分
8 土居 聖真 → 36 上田 綺世
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
14,237人 晴、弱風 27.7°C 86% 全面良芝、水含み 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
磯谷 正人 池内 明彦 五十嵐 泰之 武部 陽介 柿沼 亨 岩崎 洋

監督コメント

曺監督 総括
曺監督

お疲れさまでした。
鹿島さんの前節の試合も埼スタで見ていましたが、ここ最近非常に安定感もあり、日本で一番シュートを決める力がある選手が揃っているチーム。そのチームに対して、我々は暑いからと言ってオープンにさせられると、彼らのリズムになることが分かっていました。前半ちょっと日程の関係も含めて鹿島さんが足が止まっているところで、本当は1点取れれば良かったんですけれども、何より、今まで以上に後半の入りが前向きな矢印のプレーが多く、良い形で2点が取れた。あんまりあの時間に2-0にする展開に慣れてないので、当然追いつかれるなと思っていて、案の定追いつかれたんでそんなにびっくりはしなかったです…っていうのは冗談ですけど(笑)

後期が始まってから、自分たちが今年目指してきたもの、予測だったり、オンの選手じゃなくてオフの選手が、やっぱり相手を振り切って出ていくってことに対して、非常にこだわってやってきました。今日はそのバリエーションを増やせた試合だったなと思います。
単純に左サイドから攻めたら左でなくて、左から真ん中に持っていって右とか、そこから左に揺さぶったりとか、そういうもので相手のディフェンスを縦方向だけじゃなくて横方向にも揺さぶることができたということは、チームとして非常に成長が見えたかなと思います。

突出して誰かの力で点を取ったり、守ったりということが、なかなかできないチームではあるかもしれないですけど、その良さも同時に持っていると思います。今日は久しぶりに出た野田とか、泥臭く本当に前線で体を張ってくれたヤマ(山﨑)とか、途中で出た拓也(岡本)、司(梅崎)、初めてのデビューだったクリスラン含めて、非常に我々の流儀に合う選手たちがベンチにいてくれたってことは、今日の勝ちを持ってこれた最大の理由だと思います。若い選手が野田とか司とか秋元とか和成(大野)とか、決して全部が揃っている選手じゃないですけど、彼らのサッカーにおける思いをしっかり学んで、チーム全体でこの事を活かしてきたいと思います。

曺監督 質疑応答

-2週間のインターバルでミニキャンプも行ったが今日の試合ではそれが出たか?

キャンプだけで新しいことをやったつもりはなく、自分たちの良さを生かすところでいうと、積み上げは出たと思いますが、それは出るときと出ないときがあります。相手に対策されるかもしれません。そんなに大きなことではないと思います。
ただ、中断して一旦フレッシュになって、何を大事にしてどこを積み上げなければいけないのか、まだまだ安定感に欠けるチームなので、それも含めて良い意味でゲームを読む力をJ1の中で突き詰めていかないといけない。今日もバタバタした場面がありましたし、良い部分も課題も両方が見える試合でした。それにめげずに立ち上がり、ノックアウトを食らわないでもう一度相手に立ち向かっていけるメンタリティーが我々のチームにはあると思います。それを2週間で培うことができたことはよかったと思います。

-2-2にされたあと逆転されず最後勝ち切った。この最後の20分をどう評価しているか?

当然アントラーズさんは上位にいくために勝点3を狙いにきていると思ったので、あそこで後ろの選手を代えてしまうとさらに後ろ掛かりになると思ったので、ここは1をとるよりも3をとりにいく戦いをしなければいけないという中で、クリスランを入れて、前にボリュームのある選手で押し込めれば、入れ替わったチャンスがあるかなと思って、そういうような展開にはなったと思います。ただ、梅崎が頭を使って経験を活かして、慣れないポジションをやってくれたということも、見えないところで言うと非常に大きかったですし、速いとかうまいだけじゃなくて、やっぱり状況が読める、変なことをしないということは、選手にとって大事な能力だと思うので、そういうことを彼が発揮してくれたことでゲームが落ち着いた。あのゴールも彼のコーナーキックで生まれましたけど、そういうもの全部含めて交代選手、拓也も含めてよくやってくれたと思います。

大岩 剛監督 総括

総括は難しいですね。最後のプレー…。後半頭に失点していることがこの試合を象徴しているんじゃないかと思います。しっかりと自分たちが後半の立ち上がりに入れなかったということが後々響いたのかなと思います。

大岩 剛監督 質疑応答

-同点に追いついてから上田選手を投入たが残り時間のチームの狙いは?

得点を奪うことですよね。最後我々がサイドで優位性を作って得点を奪うということを狙って投入しました。

-終盤の失点は直近の浦和戦に続いてだが共通する課題は?

当然、失点をしているのでいろんな改善が必要だと思います。自分たちがボールを支配することだったり、簡単にボールを奪われないことであったり、セットプレーの対応であったり。そういうものすべてだと思います。
時間帯も考えてセーフティにやるところ、そういうところもしっかり割り切ってやらないといけないと思います。

-前半ボールを持てない時間もあったが改善策は?

判断ですね。自分たちがボールを繋ぐところと繋がないところ。状況判断を素早くすることだと思います。

選手コメント

FW 11山﨑 凌吾
山﨑 凌吾

まずは勝てたことは本当によかったと思います。ただ2-0になってからの試合運びは反省しなければいけないし、2-2にされたことはチームの弱さというかもろさが出てしまった。勝ちましたが、修正するところも多くあったかなと思います。
(ゴールについては?)大暉(杉岡選手)からいいアーリークロスがきたので、練習通り信じて入っていきました。練習通りの形ができてよかったと思います。
追加点が奪えたことについては、ここ数試合、得点はとれているので、そこは僕たちは自信を持っています。
ここ何試合かは、縦の意識が強すぎたところもあったので、中断の時に斜めや横のパスも意識した練習をやっていたので、その練習の成果は出せたと思います。今日は貴重な勝利だったと思います。

DF 4坂 圭祐
坂 圭祐

前半は理想通りの戦いでしたけど、後半強いのが鹿島ということをハーフタイムにみんなで話をしていました。その中で2点先制できたのはよかったと思いますが、その後、スローインから同じような形で2失点してしまったので、そこを食い止めるゲーム中の修正力が必要だと感じています。
(劇的なゴールについては?)それまで天馬(松田選手)がキッカーでニアに走りこむことが多かったんですけど、キッカーがウメさん(梅崎選手)に代わったので自分の中で入り方を変えようと思ってファーに逃げたらうまく合わせてファーに蹴ってくれたので、あとは気持ちで押し込みました。
僕個人の得点というよりチームみんなの得点だと思うので、サポーターの皆さんの前でチームみんなで喜べて、なかなかない経験だったと思いますし本当によかったと思います。
今年、なかなかチームに貢献できていなかったので、それを少しは挽回することができてよかった。試合自体、前半から駆け引きがありましたし、本当に楽しかった。

DF 5杉岡 大暉
杉岡 大暉

欲を言えば2-0、もしくは3-0で勝ち切りたかった。2失点したところは課題が残ったかなと思います。
(2点の得点に絡んだが?)先制点はコースが見えて得意な形だったので、しっかり速いボールが決めてよかったと思います。(山﨑選手が)よく合わせてくれました。ああいう形できれいにアシストすることは少なかったので、そういう場面が作れたことはよかったです。
2点目は、できれば一発で決めたかったですが、未月(齊藤選手)が見てくれていいパスをくれたのでしっかり狙えたからこそいいところに出せたかなと思います。
今日は本当に大きな一勝だったと思いますし勝ち切れてよかった。
(王者決定戦に向けては?)こういう機会もなかなかないですし、タイトルのかかった試合なので、勝ちにこだわった試合をしたいと思います。

FW 15野田 隆之介
野田 隆之介

アディショナルタイムで得点できたということも含め湘南らしい戦いができたのではないかと思います。
前半攻めている中で決め切れればもっと楽な展開になったと思いますが、ずっと攻撃していたからこその、最後に劇的な得点が生まれたということもあると思うので、ずっと続けてきたことが最後に出たのかなと思います。
(得点については?)杉岡が持った時になんとなくあそこにくるかなという予測ができたので、うまくいいポジションに入ってボールがきたのでよかったです。
サポーターの皆さんの応援があったからこその勝利だったと思います。次の試合がすぐくるのでいい準備して迎えたいと思います。

DF 6岡本 拓也
岡本 拓也

ようやく帰ってこれました。この展開なら絶対にくると思っていたので、今の自分にできることを精一杯やろうと思って入りました。
最初は2-1で勝っていたのでしっかり守備から入って、カウンターに出ていければと思ってたんですけど追いつかれてしまったので、その後はなるべく前に出ていけるように意識しました。
最初が大事だと思ったので、最初から仕掛けていきました。思い切ってやれたので、まだコンディションは完全に戻ってないですが、今の状態であれば100点に近かったと思います。
本当は2-1のままクローズできればよかったですが、圭祐(坂選手)にいいところ持っていかれました(笑)
とにかく復帰戦だったし、自分に求めすぎたりプレッシャーかけすぎないようにしようと思ったし、この雰囲気を楽しみながらプレーできたかなと思います。
ここからどんどん良くなっていくと思います。これからです。

MF 16齊藤 未月
齊藤 未月

僕たち自身は前半も後半も同じように戦おうと思っていました。前半いい形で終えられたので後半も立ち上がりからシンプルにプレーして、やること変えずにプレーしようということは意識しました。0-0のまま進んでも、僕らは夏場に走れる体力は持っているので、最後に一発あるということを持ったままやっていました。鹿島さんも0-0でも最後に1点とれればOKというしたたかさのあるチームだと思うので警戒していました。
いい形で2点とれて、でも早い時間に取ったこともあってそのあと2点返されてしまったことはもちろん反省しなければいけない。でも今日の試合が始まる前にも曺さんが「最後に劇的に得点が入るんじゃないか」という話をしていましたし、それで実際に勝てたことはチームにとってプラスだったと思います。