試合記録

2018YLC

2018JリーグYBCルヴァンカップ Dグループ 第4節 vs サガン鳥栖

4月18日(水) 20:03キックオフ @ベストアメニティスタジアム

HOME  サガン鳥栖 湘南ベルマーレ  AWAY
サガン鳥栖 0 0 前半 0 0 湘南ベルマーレ
0 後半 0
0 > 1 勝点 3 > 4
 
得点者
 
選手 シュート シュート 選手
GK 18 高丘 陽平 0 STARTING
LINEUP
0 後藤 雅明 31 GK
DF 24 安在 和樹 1 1 岡﨑 亮平 3 DF
DF 3 高橋 祐治 2 0 坂 圭祐 20 DF
DF 8 藤田 優人 1 1 大野 和成 8 DF
DF 2 三丸 拡 0 0 石原 広教 28 MF
MF 14 高橋 義希 1 0 柴田 壮介 35 MF
MF 21 加藤 恒平 1 0 金子 大毅 34 MF
MF 25 安 庸佑 3 0 表原 玄太 24 MF
MF 50 水野 晃樹 3 2 山口 和樹 26 FW
FW 7 河野 広貴 0 0 鈴木 国友 27 FW
FW 26 伊藤 遼哉 0 0 端戸 仁 17 FW
GK 30 ファンティーニ 燦 - SUB - 真田 幸太 33 GK
DF 5 キム ミンヒョク 0 4 齊藤 未月 16 MF
DF 13 小林 祐三 - - 松田 天馬 18 MF
MF 28 石川 啓人 1 - 高山 薫 23 FW
MF 42 松岡 大起 - 0 新井 光 32 FW
FW 27 田川 亨介 0 2 野田 隆之介 15 FW
FW 41 石井 快征 - -  
警告・退場 スタッツ 警告・退場
◆43分 加藤 恒平
◆89分 伊藤 遼哉
13 シュート 10
 
10 ゴールキック 10
4 コーナーキック 4
15 直接フリーキック 18
5 間接フリーキック 3
5 オフサイド 3
0 PK 0
得点経過
 
 
 
 
 
 
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
 
 
 
 
 
 
選手交代
◆52分
7 河野 広貴 → 27 田川 亨介
◆66分
50 水野 晃樹 → 28 石川 啓人
◆81分
2 三丸 拡 → 5 キム ミンヒョク
◆52分
35 柴田 壮介 → 16 齊藤 未月
◆69分
17 端戸 仁 → 32 新井 光
◆79分
34 金子 大毅 → 15 野田 隆之介
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間 コミッショナー
4,297人 晴、弱風 15.3°C 58% 全面良芝、乾燥 90分 榎原 徹夫
主審 副審 副審 追加副審 追加副審 第4の審判員 記録員
佐藤 隆治 山内 宏志 中井 恒 柿沼 亨 作本 貴典 渡辺 康太 藤崎 隆弘

監督コメント

曺監督 総括
曺監督

お疲れ様でした。
今日は勝点3が取れなかったですけれども、非常に良い試合だったと思います。全体を通して最後までアグレッシブさを失わなかったですし、前に行く姿勢が最後まで色褪せなかったですし、何より相手コートに入ったときに複数の選手が絡んでシュートまで行くシーンがたくさん出ていました。普段リーグ戦やルヴァンでこれまでピッチに立っていなかった選手を何人か立たせましたけれど、普段馬入でやっている練習がそのままこのピッチに出たのは本人たちの努力や頑張りであり、それに敬意を表したいです。我々は全員で同じ方向を向いてやっていくチームですが、いま平塚にいるメンバー、今日出たメンバー、出られなかったメンバーみんながそういうことを認識できた試合だと強く思います。今日の結果というのは勝てた、負けた、引き分けだったということよりも、我々の進む方向にひとつまた力をつけてくれた試合だと思っているので、プレーしてくれた選手たちに感謝したいと思います。
ここ最近後半立ち上がりの入りが悪くて、この前も失点してしまったことがあったのですが、今日は全体を通して安定してできたかなという印象があります。運動量も最後まで落ちなかったので、これをいい意味で全体の自信にしていって、次のリーグ戦に向かっていきたいと思います。

マッシモ フィッカデンティ監督 総括

鳥栖も湘南もお互いにリーグ戦からはメンバーを入れ替えた試合になったと思いますが、オープンな展開でどちらにもチャンスがある内容でした。どちらもあまり監督が準備した戦術をうまく表現した試合ではなかったかもしれませんが、お互いに勝つことへのチャレンジはグラウンドの中で表現できていたかとは思います。我々はリーグ戦のところでなかなか思うような結果がついてきていない中で、今日初めて出場した選手もいますしリーグ戦で出場機会が少ない選手もいました。こういう時にどのように自分をアピールしていくかというピリピリした雰囲気もあるなかで、選手たちはうまく良いゲームをしたのではないかと思います。

マッシモ フィッカデンティ監督 質疑応答

-今季初めての無失点試合となったがどう評価しているか?

やっとできたと思っています。決して万全な状態で、点を取られないということに関して自分たちが完璧な試合をしたとは言い切れませんし、逆に今までの試合で今日より明らかにミスが少なかったゲームでも失点してしまった試合もありました。今日も失点してしまってもおかしくない場面がありましたけれど、そこで入らないのもサッカーの不思議なところかなと思います。何れにせよ点を取られなかったことはポジティブなことでしかないので、これを前向きに続けていきたいです。

-高丘陽平選手と伊藤遼哉選手の今日のプレーをどう評価しているか?

伊藤は初めて試合に出たということにプラスして、最前線で身体を張ったプレーをするということは彼本来のプレーとは少し違うかと思いますが、その中で彼はチーム事情をしっかり理解してプレーしてくれました。最後の方はもう少しやれたかもしれませんが、3人目の交代を切ったあたりで相手の選手と接触して足を引きずるような形になってしまったので、もうひと頑張りが出なかったのはその影響もあるかなとは思います。ただやるべきことはやってくれたと思います。高丘も非常によくやってくれたと思っていますし、彼ら2人はこうして出場機会を得て、自分がどういうものを持っているかをグラウンドで表現してくれたと思います。それは監督としても嬉しいことですし彼らのためにも良い試合になったと喜ばしく思います。

-厳しい日程の中でルヴァンカップの試合が後2試合、どう戦っていくか?

今日勝っていても難しかったかと思いますが、今日の結果を受けてここから勝ち抜けていくことを目指す大会として位置づけすることは難しくなってきます。そういう中でリーグ戦で出場機会を得られない選手がいる中でリーグ戦に良いつながりを作れるように選手の起用を考えてやっていかなければと思っています。もちろんルヴァンカップの試合もリーグ戦同様チームとして良いプレーをする、しっかりと準備をして目的を持ってそれを試合でやりきる入り方をできるようにやっていきたいと思います。

選手コメント

FW 26山口 和樹
山口 和樹

今まで試合に出られなかったので、ここでやってやろうという気持ちで臨みましたけれど、最初チャンスがあったところをやっぱり決めないといけないと思います。DFラインとボランチの間のスペースが空いていたので、そこを坂(圭祐)とかも見てくれていましたし、そこは前を向けるポイントだったので積極的に顔を出すことは考えていました。(良いスタートになった?)ただ、やっぱり勝ちたかったです。判断のミスもありましたし、そういうところは練習から改善してリーグ戦や次のルヴァンに繋げていけるようにしたいです。しっかり疲れを取って、良い準備をしてまた100%で次に臨めるようにしたいです。

GK 31後藤 雅明
後藤 雅明

みんな試合への入りも良くて、セカンドボールもシンプルに繋いでマイボールにできていた回数が多かったですし、そこから攻撃に多く繋げられたと思います。DFもラインがあまり下がらずカバーリングもしっかりできていたので、自分たちの流れでプレーできる時間が長く作れました。そのなかで攻撃中はリスクマネジメントをしっかりしようと声をかけていましたし、あとはセットプレーが多かったので、そこでやらせないような空気感を作ることを意識してプレーしていました。結果として引き分けに終わってしまったので勝ちたかったですし、もっとGKからも起点になれるように自分のプレーの質も上げていかなければいけないと思います。自分はまだまだだったと思いますし、次にまた試合に出られたときにしっかりとしたプレーができるように練習からやっていきたいです。

DF 20坂 圭祐
坂 圭祐

(広島戦から中2日での試合だったが)思ったより体が軽くて動きやすかったです。最後の方は少し疲れを感じましたけれど、チームとしても全体的に自分たちのペースでできたので、そこまで疲労を感じることなくよくプレーできたと思います。広島戦でやはり力の差を感じさせられて、それを認識できた上で今日の試合に臨めたことが良かったところもありました。今日は初先発の選手もいる中で自分はリーグ戦も経験させてもらったので、自分が自信を持ってやらないと周囲にも悪い影響を与えてしまうと思いましたし、良い意味で広島戦で感じたことが生きたと思います。ただこの前の広島戦も今日の試合もチャンスがありながら決められませんでしたし、ゴール前の精度は高めていかないといけないです。そのために練習の時は自分がFWの選手にやらせないことを意識していくことが必要ですし、そのうえで攻守ともに相乗効果を出せるようにしていきたいです。良いプレーを続けていくことがリーグ戦のメンバーに絡んでいくことに必要だと思いますし、練習から自分自身もしっかり取り組んでいきたいです。

MF 34金子 大毅
金子 大毅

やってやろうという気持ちでゲームに入りました。緊張はあまりなかったです。出来としては良い面も悪い面も出たと思いますが、攻撃の時の精度やちょっとしたミスを減らしていければもう少し良くしていけると思います。ルヴァンで周りをびっくりさせるくらい、周囲のイメージを超えるくらいのプレーをしないと今後もメンバーに入っていけないと思いますし、今日のプレーじゃまだまだだと思います。まず試合に出たことで経験できたこともありますし、その上でできる反省もあるので、この経験をしっかり持ち帰ってやっていきたいです。

MF 35柴田 壮介
柴田 壮介

個人的には初めて先発で出られましたけど、悔しい結果になりました。ボールに関わる回数や、ゴールに近いところでどういうプレーができるか、そういう自分が得意にしているところであまり力を出せなかったのでそこは課題だと思います。手応えよりもできなかったことの感触の方が大きいです。自分の特長をこういう舞台で出せるようにしていかなければいけないと思います。(長崎戦での出場があったので)前よりは落ち着いて試合に入れたと思いますが、勢いや前向きなプレーというのは少し足りなかったと思います。自分もこういう舞台を経験してまだまだ成長していけると思うので、試合に出られる出られないに関わらず高い意識を切らさずにプレーを続けていけるようにしたいです。


-->