試合記録

2018明治安田生命J1リーグ

第32節 vs ガンバ大阪

11月10日(土) 15:03キックオフ @パナソニック スタジアム 吹田

HOME  ガンバ大阪 湘南ベルマーレ  AWAY
ガンバ大阪 1 0 前半 0 0 湘南ベルマーレ
1 後半 0
42 > 45 勝点 37 > 37
60分 ファン ウィジョ 得点者
選手 シュート シュート 選手
GK 1 東口 順昭 0 STARTING
LINEUP
0 秋元 陽太 1 GK
DF 3 ファビオ 2 0 山根 視来 13 DF
DF 4 藤春 廣輝 1 0 坂 圭祐 20 DF
DF 5 三浦 弦太 0 1 大野 和成 8 DF
DF 14 米倉 恒貴 1 2 岡本 拓也 36 MF
MF 7 遠藤 保仁 0 3 石川 俊輝 6 MF
MF 10 倉田 秋 0 2 金子 大毅 34 MF
MF 15 今野 泰幸 1 3 杉岡 大暉 29 MF
MF 50 小野瀬 康介 3 1 菊地 俊介 2 FW
FW 9 アデミウソン 2 0 山﨑 凌吾 38 FW
FW 11 ファン ウィジョ 3 3 梅崎 司 7 FW
GK 23 林 瑞輝 - SUB - 富居 大樹 21 GK
DF 6 初瀬 亮 0 - 齊藤 未月 16 MF
DF 13 菅沼 駿哉 - - ミキッチ 41 MF
MF 25 藤本 淳吾 - 0 野田 隆之介 15 FW
MF 29 髙江 麗央 - - 高山 薫 23 FW
FW 19 一美 和成 0 2 山口 和樹 26 FW
FW 39 渡邉 千真 0 1 小川 慶治朗 50 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
◆40分 倉田 秋 13 シュート 18 ◆77分 大野 和成
10 ゴールキック 10
3 コーナーキック 5
12 直接フリーキック 14
2 間接フリーキック 3
2 オフサイド 3
0 PK 0
得点経過
◆60分
11 ファン ウィジョ
中央 15 → 右 14 ↑ 中央 11 ヘディングS
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
 
 
 
 
 
 
選手交代
◆74分
14 米倉 恒貴 → 6 初瀬 亮
◆86分
11 ファン ウィジョ → 39 渡邉 千真
◆90分
10 倉田 秋 → 19 一美 和成
◆45+2分
菊地 俊介 → 50 小川 慶治朗
◆71分
梅崎 司 → 26 山口 和樹
◆81分
石川 俊輝 → 15 野田 隆之介
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
23,576人 晴、弱風 19.9°C 22% 全面良芝、水含み 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
玉城 吉貴 西村 雄一 八木 あかね 松井 健太郎 武部 陽介 脇田 大樹

監督コメント

曺監督 総括
曺監督

お疲れ様でした。
僕にっとて吹田スタジアムでの試合は2回目で、そういった選手も多かったと思いますが、非常に素晴らしい雰囲気でガンバさんのサポーターとベルマーレのサポーターがお互いに自チームを応援する、極めてシンプルですけどそういった中で90分通して互いにスペクタクルな戦いができたかなと思います。その中で我々は勝点0に終わって、ガンバさんが勝点3を取りましたが、試合後宮本(恒靖)監督とも話しましたがガンバさんは点を取ってからの時間の使い方など我々が学ばなければならないところが多くありました。ただ我々も十分ガンバさんの喉元までナイフを突きつけられたとは思います。そこであと一つ取りきれなかった。ここ最近は点が取れていないですが、それをネガティブにとらえずに、その中でも目に見えるもの、見えないものを一つずつ一歩ずつ、練習の中で積み上げていきたいです。今日の敗戦、結果については監督である僕のやらせ方が全てだったと思いますし、選手は非常にファイティングスピリットを出して最後の最後まで戦ってくれたと思います。そのことに感謝するとともに、遠くまで来てくれたベルマーレのサポーターに勝点3を届けられず悔しい思いですが、我々はまだ終わったわけではないので、あと2試合、次はホームでの最終戦になりますけど、自分たちの良さを出しながらこういう経験をしたことに向き合って、2週間後に勝点3を取って喜べるようにしたいです。

選手コメント

GK 1秋元 陽太
秋元 陽太

負けは負けなので、アウェイの地でガンバさん相手に勝点3を目標にやってきましたし、入りは良かったですが点は入っていないので反省しないといけないと思います。ピンチも少し多かったですし、でもあの1本が防げていればまだわからなかったかなと。本当に悔やまれる試合だったと思います。
前半に単純にボールを競らなかったりボールをバウンドさせてしまうことがあって、そこは個々の反省だと思います。ただその中でも中央ではしっかり守らないといけないし、そこはある程度できていた中で、あの1本はできていなかったということだと思います。ポジティブに切り替えて次に行くことが大事ですが、もう少し自分たちに矢印を向けて考えていかなければいけないかなと思います。僕は守備の選手なので失点してしまって負けてしまったということにしっかり矢印を向けて、その上で切り替えていきたい。ルヴァン合わせて4試合で2失点ということは評価しつつ、勝ちきれていないというのはチーム全体としての課題なので、あと2試合、残留するために勝ちきれるようにしていきたいです。2週間空きますがテンションを下げてしまうんではなく、何が悪かったのか、その上でこうしていこうということを自分たちに向き合ってやっていきたい。

DF 36岡本 拓也
岡本 拓也

痛い敗戦ですし、自分に対してすごくフラストレーションの溜まる試合になってしまったと思います。正直自分のところでは攻撃面で良いところを出せなかったと思いますし、良い形でボールを受けられなかったなという印象があります。守備ではあまりやられはしなかったですけど、ボールを持たれている場面が多かったと思います。これからもチーム全員の力が必要ですし、僕は次に出られないですけど、その次に向けて最後良い準備をしていきたいです。みんなで前向きにやっていくしかないと思います。

DF 13山根 視来
山根 視来

失点は僕のマークの選手だったのでもっとしっかり付かければいけなかったと思います。深くまで進入されていていたのでニアでボールが引っかかるだろうと他人任せにしてしまったと思います。ここ最近他チームの結果などは良い意味で気にせず、すごく良い精神状態でプレーできていた中で、ただ最後いつも通りにゴール前で身体を張るといったところではしっかりとしたプレーをすることができなかったと思います。
この時期になってくるとリスクを冒さないチームが増えてくると思いますが、うちは開幕当初より今の方がいろんなリスクテイクをしながらサッカーができているし、それがないと勝てないとみんな思ってやっているので、それは続けていかなければいけないと思います。ただここ3試合で1点も取れていないので、そこにはしっかり目を向けていきたい。簡単に失点しないチームにはなっているので、押し込まれる展開になった時でも前線の選手が戻らなければならない状況をなるべく少なくして、後ろの選手が少ない人数でも守りきれる、前線の選手を前に押し出すような姿勢を出していけるようにしたいです。

DF 29杉岡 大暉
杉岡 大暉

いつものことですが、前半の良い流れでゲームを進められている中で先制点を取らないといけないなとすごく感じます。(失点シーンは)米倉(恒貴)選手のランニングは頭に入っていましたが、良い関係で作られて良いタイミングで走られてしまいました。一瞬の隙を突かれたという感じです。
得点については練習しかないと思いますし、必要な運を引き寄せていくにも練習を重ねていくしかない。練習から意識を持ってやっていきたいです。自分も最後のところでやりきれていなかったのと思うので、その課題はしっかり感じてやっていきたいです。

FW 26山口 和樹
山口 和樹

率直に、(シュートを)決めないとダメだったと思います。展開が展開だったので、りゅう君(野田隆之介)が入って長いボールが入ってくるので裏に抜けるのでなくそのこぼれたボールを狙おうと頭の中で考えていました。良いところにこぼれてきたシーンがありましたけど、やっぱり決めなければなと。僕らのようなフレッシュな選手の力が勝利に大きく必要だと思いますし、そこは意識して残り2試合やっていきたいです。


-->