試合記録

2018明治安田生命J1リーグ

第14節 vs 清水エスパルス

5月12日(土) 14:03キックオフ @IAIスタジアム日本平

HOME  清水エスパルス 湘南ベルマーレ  AWAY
清水エスパルス 4 2 前半 0 2 湘南ベルマーレ
2 後半 2
15 > 18 勝点 15 > 15
23分 北川 航也
40分 クリスラン
52分 北川 航也
54分 金子 翔太
得点者 66分 菊地 俊介
90+5分 野田 隆之介
選手 シュート シュート 選手
GK 13 六反 勇治 0 STARTING
LINEUP
0 秋元 陽太 1 GK
DF 27 飯田 貴敬 0 1 山根 視来 13 DF
DF 3 ファン ソッコ 0 3 坂 圭祐 20 DF
DF 4 フレイレ 0 1 杉岡 大暉 29 DF
DF 25 松原 后 1 0 岡本 拓也 36 MF
MF 6 竹内 涼 0 0 石川 俊輝 6 MF
MF 17 河井 陽介 0 1 秋野 央樹 10 MF
MF 30 金子 翔太 2 0 高橋 諒 11 MF
MF 29 石毛 秀樹 0 3 菊地 俊介 2 FW
FW 20 クリスラン 1 1 イ ジョンヒョプ 9 FW
FW 23 北川 航也 2 1 松田 天馬 18 FW
GK 1 西部 洋平 - SUB - 富居 大樹 21 GK
DF 26 二見 宏志 0 - 大野 和成 8 DF
DF 28 立田 悠悟 0 - 齊藤 未月 16 MF
MF 10 白崎 凌兵 - - 表原 玄太 24 MF
MF 11 村田 和哉 - 1 梅崎 司 7 FW
FW 18 長谷川 悠 - 1 野田 隆之介 15 FW
FW 19 ミッチェル デューク 0 1 高山 薫 23 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
◆44分 松原 后
◆70分 松原 后
6 シュート 14
17 ゴールキック 4
1 コーナーキック 14
12 直接フリーキック 14
2 間接フリーキック 1
2 オフサイド 1
2 PK 0
得点経過
◆23分
23 北川 航也
PK 23 右足S
◆40分
20 クリスラン
PK 20 左足S
◆52分
23 北川 航也
右 27 ~ ↑ 中央 20 ↑ 23 ヘディングS
◆54分
30 金子 翔太
左 相手DF こぼれ球 20 ~ 中央 → 30 右足S
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
◆66分
2 菊地 俊介
左 29 ↑ 中央 相手GK クリア 相手DF こぼれ球 2 右足S
◆90+5分
15 野田 隆之介
中央 13 ~ → 36 → 相手DF こぼれ球 15 右足S
選手交代
◆72分
23 北川 航也 → 26 二見 宏志
◆79分
29 石毛 秀樹 → 28 立田 悠悟
◆81分
20 クリスラン → 19 ミッチェル デューク
◆36分
11 高橋 諒 → 23 高山 薫
◆60分
9 イ ジョンヒョプ → 15 野田 隆之介
18 松田 天馬 → 7 梅崎 司
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
14,624人 晴、弱風 22.9°C 50% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
藤本 貢壽 中村 太 武田 光晴 田中 利幸 岡 宏道 岩下 和弘

監督コメント

曺監督 総括
曺監督

お疲れ様でした。
2015年ぶりにこのアイスタに来ましたけれど、サッカー専用スタジアムで非常に良い雰囲気と言いますか、これがフットボール、というような雰囲気の中で試合をさせてもらいました。その中で勝点3を持ち帰るために引き分け狙いでなく勝ちに行こうと選手たちを送り出しましたが、アクシデントと言われる方もいるかもしれませんがいろんなものを含めて我々の現在地だと思います。
前半の立ち上がりから流れは全然悪くなかったのですけれど、一つのプレーで相手に流れを持って行かれてしまう、それを4点取られるまで止められなかったという展開でした。そこから攻撃できましたが遅かったかなと。ただ4点取られても同点、逆転にできるチャンスはあったかなと思いますし、全てネガティブに捉えるのではなく、この経験を次に生かしなさいと神様に言われていると思います。我々は何年もJ1で戦って常に順風満帆でやってきたクラブではないので、今日、サポーターから頑張れという気持ちでブーイングをしてもらいましたけれど、そのサポーターの気持ちも忘れてはいけないし、また連戦があるので、その中で自分たちの力をもっともっと出せるように、選手同士がもっと理解しあう良いチームにしていきたいと思います。

曺監督 質疑応答

-後半に入るタイミングでサイドバックなど左右のポジションを入れ替えたが意図は?

右から(岡本)拓也と(高山)薫の2人で圧力をかけてそこから崩していこうとしました。少し右からの攻撃が機能していなかったので、そこは山根(視来)もサイドを変えて、立ち位置を変えることでビルドアップも少しやりやすくなるかなと考えて入れ替えました。

ヤン ヨンソン監督 総括

全て100%満足できたかというとそうは言えない試合でした。しかしかなり近いところまで満足できた試合だったと思います。なぜなら最後の時間帯に金子(翔太)が決めていたら5-1になっていたかもしれませんし、最後失点していなければスコアもまた変わっていたと思います。ただそれは私の個人的な気持ちであって、クラブにとってはサポーターの前で勝利をあげることができたのは良かったと思います。選手は今日も一生懸命プレーしてくれましたし、先日のホームで勝った試合も良い内容を見せてくれて、そして今日も良い試合を見せてくれたと思います。チームで取った得点だった中で、実際に決めた選手にとっては自信になるゴールだったと思います。そういう面で4点取れたことは良かったと思いますし、個々の選手それぞれもステップアップを見せてくれる試合でした。

ヤン ヨンソン監督 質疑応答

-クロスへの対応を当初課題にあげていたがそこへの評価は?

失点につながったシーンは改めて見返して見極めたいと思いますが、2つ目の失点のところは二見(宏志)選手が簡単に間を通されてクロスを上げられてしまうシーンを作ってしまったと思います。そこへの対応はもう少しやらなければいけなかったと思います。1点目はセットプレーの流れからセカンドボールを失ってという展開だったかと思いますが、それ以外は全体を通してはうまく対応できていたんじゃないかと思います。今までよりはうまくできていたと思います。

-昨日「運が欲しい」というコメントを残していたが、今日は運があったか?

運は今日は必要なかった、運に左右される試合ではなかったと思います。PKを2つもらいましたがそれなりのプレーをした上での当然のPKだったと思いますし、3つ目のPKがあっても良かったと思いました。レフェリングに関しては話すべきではないので置いておきますが、ただ松原(后)選手へのカードに関しては残念に思っています。
今日試合に臨むにあたって選手に言ったのは「運を味方にするためには一生懸命努力をしなければいけない」ということです。その一生懸命の努力は今日の試合で選手は見せてくれたと思います。過去2試合については運が必要だと感じていましたが、今日は運が必要な試合ではなかったと思います。一生懸命努力することを続けて、今日あるはずだった運はまた次の試合にキープをしておきたいと思います。

-今日の試合で攻撃面で改善点は見られたか?

今日チームで求めていた裏への仕掛けが積極的にできていたことはよかったと思います。クリスランも先日の試合は半分しか出られなかったのでなかなかリズム感をゲームの中で掴むことができていませんでした。この前はまだ怪我から戻ってくる途中だったということもあると思いますが、今日に関してはしっかりと裏への動き出しをしてくれましたし、PKをもらったシチュエーションも彼が裏へ抜け出して切り返したところでのものでした。金子選手が決めたシーンも裏に抜け出してそのお膳立てをしてくれました。
クリスランもよく裏に走りましたし金子選手、石毛(秀樹)選手もよく裏への攻撃ができていました。ボランチの2人もよくやってくれていましたし、鳥栖戦は試合が続いていた中で疲労感もあったかと思いますが、連戦が続いている選手も今日の試合はよく走ってくれたと思います。決めるべき選手、北川(航也)選手も結果を残せたということは個人のステップアップにつながっていくと思いますし、よくやってくれたと思います。
攻撃面とは少し離れますが、守備面で今日よくプレーしてくれたのはファンソッコ選手です。前に出て対応するべきところも下がるべきところもしっかり対応してくれていました。飯田(貴敬)選手についても攻撃によく絡んでいましたし、個々のステップアップを見せてくれました。あとはGKの六反(勇治)選手。今日もテンポづくりをよくやってくれていました。GKはゴールを守るという守備面を見られがちですが攻撃面を崩さないことも大事で、そういうところでうまくスムーズにプレーしてくれました。先日の鳥栖戦ではそこが足りていなかったので本人と話していました。
全体的に攻撃面が良かったと思われがちですが、守備がしっかりできたので良い攻撃につながった試合でもあったと思います。

選手コメント

MF 10秋野 央樹
秋野 央樹

リーグ戦のここ2試合より今日は良い入りができたと思いましたが、自分たちの不用意なミスからPKを2本与えてしまったというところが試合のハイライトだったと思います。試合の前の雰囲気から今日は最初から行けるなとは感じていたのですが、良い時間に点が取れなかったというのが自分たちの実力だと思いますし、反省しなければいけないところだと思います。相手が4バックということはわかっていた中で、サイドのところで数的優位を作っていこうということは考えてプレーしていました。ただ最後のゴール前のところでどれだけパワーを出してプレーできるかが大事ですし、そこは気持ちだとも思います。

DF 36岡本 拓也
岡本 拓也

前半は自分たちでも悪くないと感じながらプレーしていましたし、ただその中でPKを前の試合に続いて2本取られてしまって、それは自分たちが招いたことなので、そこを反省して次に向かっていくしかないと思います。(4試合ぶりの復帰だったが)チームの流れが良くなった時に離脱をしてしまって申し訳ない気持ちがありましたし、その中でチームは連敗をした後に今日復帰しましたが、もっと自分自身がチームに働きかけることがあったんじゃないかなと思います。最後の精度というか、良いところまで行っても最後がもったいないシーンが何回かあったので、その辺りはしっかり合わせていかなければと思います。

DF 29杉岡 大暉
杉岡 大暉

2試合続けて2本PKを取られるというのは実力的な部分ですし、加えてここ数試合のリーグ戦でのチームの流れというか、そういう部分をすごく感じました。チームが変わらなければいけないんだということをこの流れにも言われているように思います。まだまだ一枚岩になれていないところがあったと思いますし、これを機に変わらなければズルズルいくだけだと思います。
個人の能力の高いクリスラン選手のような相手に対してボールを収められてしまうことが多かったですし、前半は攻撃でも僕が起点にならなければいけないところがあった中で、縦パスで失うことが多かったので、攻守両面でまだまだだと思います。後半は前に仕掛けていくしかなかったし、攻撃で良さを出そうとしました。ただ3失点目は最初のところでの判断で僕がボールに行けばよかったなと思いましたし、4失点目は最終的にマークを外してしまっていたので、攻撃だけでなく攻守に質高くやっていかなければと思います。リーグ戦3連敗ですが、ここが変わるチャンスだと思いますし、変わることができればまだリーグ戦は半分も終わっていないので、チームが大きく変わるチャンスと捉えたいです。J1に居続けるチームになるための節目だと思いますし、本音をぶつけ合ってやっていきたいと思います。

MF 2菊地 俊介
菊地 俊介

入りはここ2試合より良かったですし、前から行こうとチーム全体で話していました。ただ自分がPKを献上してしまって、そこでゲームを壊してしまったと正直に思います。本当に申し訳ないです。
ゲームの内容だけ見れば悪くはなかったかもしれません。ただ結果は出ていないといことはちょっとしたところでの差があるからだと思います。試合後のロッカーでは選手同士、それぞれに思っていることを意見交換しましたし、お互いにもっとこうしてほしいと思っていることがあったので、そういうところを改善していければと思います。あと2試合で中断してしまうので、最後良い内容と良い結果を求めてやっていきたいです。

DF 13山根 視来
山根 視来

失点したこともそうですけれど、その後の自分たちのプレーが良くなかったと思います。2本目のPKで失点した後のファーストプレーで自分がクリンスラン選手にボールをひっかけられて、というのも雰囲気を悪くしたプレーの一つだったと思いますし、そういうところが足りていないと思います。
チームとして大事にするところの練習はしてきた中で簡単に失点してしまって、シュートも全然打たれていな中で4失点してしまうというのは、中途半端では勝てないということだと思います。ルヴァンであれだけ素晴らしい試合を見せてもらって、次は絶対自分がやってやるぞという思いは全員が持っていたはずですし、今日こっちに来ていない選手や見に来てくれたサポーターに対しては直近のリーグ3試合は本当に申し訳ないなと思います。
(キャプテンマークを巻いたが?)失点したあとに意識して声をかけて、たぶんみんなもこの2試合を踏まえてそういう声を聞いてくれていたとは思いますけど、失点した後また迷いがあったりとか、後半行くぞというときに失点してしまって気落ちしてしまうようなところがあったかもしれないです。後半の2失点は両方ともクロスからですし、中でマークにしっかり付くとか、フリーで上げさせないとか、その現象が起きる前にもっと声をかけていかなければいけないと思いました。
連戦のあと2試合、中断前なのでなんとしてでも勝ちたいですし、いまは本当に戦術どうこうよりもっと大事なものがあると思います。1週間で飛躍的にサッカーがうまくなるわけではないですし、そこをやっていくしかないと思います。


-->