ボイス

2018.07.31

【ボイス:2018年7月31日】野田 隆之介選手

走るだけのチームじゃない!
1つ上のレベルを目指して
 ベルマーレに移籍して苦しい1年を送るなかで、外から見ていたときに持ったチームへのイメージは覆った。「すごく走るチームだなと思っていたんですけど、入ってから、特に今感じているんですけど、走ることはみんなもう当たり前。それ以上のもの、ボールを持った後にはたくだったり、すぐに速いカウンターで飛び出していくだったり、そのタイミングだったり、がある。ただ走って頑張っているだけのチームじゃないって、それを実感しています」

フィールドプレーヤー全員に要求される走力。それはあくまでもベースになるもの。その上に積み重ねたものがあってこそのスタイルだ。ベースが培われてきた野田選手には、その意味するところが実感としてわかるようになったのだろう。

「今は、ゴールを取るために走る、ボールを奪うために走る、ゴールを取るためにボールを奪う、そのために走る。やっぱり結局は走らないとサッカーはできないなっていうのを今、すごく実感しています。去年は、走れなかったので、『考える』まではいかなかった。今年は、少しずつできるようになってきた感覚がある」

走力のうえに積み上げるものもシーズンを重ねるごとに深まっていく。今シーズンもまた、チームとしての新しい課題に取り組んでいる。

「奪った後にどれだけボールを正確に運べるか。奪った後というのは、相手も切り替える時なので、そこでワンタッチでパン、パンとはたけば、パス2本でビッグチャンスになる。そういうことに今みんなで取り組んでいます。
確かにそこは厳しいですね、やっぱり。奪った直後っていうのは、視野の確保とか、本当に意識してやらないとできないので。で、見えてないと出せない。もたつくと相手が近いので、奪われちゃう。そこでワンタッチでパッとはたければフリーの選手が使える。その練習を今、すごく意識してやっています。みんな狙いはあって、その技術を高めているところ。できればすごいと思います。カウンター、速いですし。現に今のチームは繋げるので、少ないタッチ数で運んでうまくいったときは本当にチャンスになってますから」

中断期間を前にした試合でも、そのチャレンジは多くの回数見ることができた。結果ミスに終わることも少なくはなかったが、選手の一人ひとりが意識してトライしていたというわけだ。再び始まった試合の中でも、その成果は確認できるはず。

>練習から全員が100%のチーム 刺激を受けて集中力アップ