馬入日記

2018.02.28

【馬入日記:2月28日】「怯まずに」

IMG_6569

「自分たちがボールを持っている時のクオリティをもっと上げないと」

開幕戦の白星にも、秋野央樹選手は課題を口にします。
意識すべきはボールを保持するところと、『ファストブレイク』積極的なボール奪取からの素早い攻撃の使い分け。「それができないと自分たちの首を絞めることになる」チーム全体でもその課題は共有しているとのこと。

個人的に「駆け引きで優位に立つことができた」と語るのは守備の部分。自陣のバイタルエリアをケアしつつ、セカンドボールをきっちり回収。しかしそこも「長崎戦と同じかそれ以上のものを出していかないと、これからもっとレベルが上がったときに相手を止めることはできない」と、続く33試合のリーグ戦に視線は向きます。

金曜開催、気づけば目前の川崎フロンターレとの戦いには、どこまでも自分達のあるべき姿を追求し臨みます。

「川崎が相手だと、Jリーグのチームはほとんどボールを持たれることが予想できる。そのなかで自分達らしくない守り方をして、らしさを出せないようじゃ結果は出ない。怯まずに自分達がやってきたことにフォーカスして、自分達に向き合うことが勝利への1番の近道だと思う」

明日3月1日が試合に向けた練習最終日。

「もう少し温度を上げて、もっと気を引き締めないとまだまだやられてしまう雰囲気だと思います」

残す1日に、改めて全力を注ぎます。