ニュース

2018.01.18

2018シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ

湘南ベルマーレ2018シーズンのユニフォームデザインが決定しましたのでお知らせいたします。

2018uni

今シーズンもサポーターの皆様から大変ご好評をいただいておりますPENALTY製(株式会社ウインスポーツ)のユニフォームで試合に臨みます。

2012penalty[1]
http://www.penalty.co.jp/

【デザインコンセプト】

「クラブ創立50周年への感謝、更なるクラブ発展と飛躍への誓い」

クラブ創立50周年となる今シーズンのユニフォームコンセプトは50年の長い歴史の中で決して平坦ではない時もクラブ支えてくれたすべての皆様への感謝と今後、更なるクラブの発展と飛躍をデザインで表しました。
ボディ全体には50年とサポーター、ボランティア、株主、スポンサー、ホームタウン行政をあらわす5本のシャドーストライプで50年間クラブを支えて下さったすべての皆様への「感謝」の気持ち、その歩みを表現。

また、今後更なるクラブの「発展と飛躍への誓い」を右肩上がりのSash(襷)柄で表しました。
Sashには1994年のベルマーレJリーグ初年度のリーグ戦ユニフォームに採用されていたダイヤ柄とフジタ時代のユニフォームに使われていたフジタブルーをポイントとして使い「歴史を繋ぐ」意味も込めました。
今回初めて背中にもSash柄を大胆に使うことで数あるJクラブの中でも湘南らしくOnly Oneのクラブを目指す強い意志を表しました。

背中の首リブ下にはクラブ創立50周年ロゴを、右袖には昨年10月に拡大したホームタウン9市11町を表記し、エンブレム上には昨シーズンのJ2リーグ優勝を示す星を追加。(エンブレムは新設の鎖骨パートナーロゴなどの全体バランスを考慮したサイズに変更)

2018uni_detail

2ndユニフォームには湘南海岸沿いに拡大したホームタウンをメインコンセプトとして胸に存在感ある湘南の美しいコーストラインをブルー、豊かな山々をグリーンでシンプルに表しました。
GKはFPデザインを使い分け昨シーズン同様の3色(今年は1stフラッシュオレンジ、2ndシアンブルー、3rdブラック)となります。
また、 本体素材にはJリーグ最軽量クラスを実現し、吸汗速乾性、ストレッチ性に優れ、ソフトな風合いが快適な着心地を生み出す「マイクロピケ」を使用しました。
サイドボディのパーツには本体以上にベンチレーション性に優れたバイアスピンホールメッシュを使用しました。
又、ナンバーも一新しセンターにラインが入り、視認性を高める影が付いたシャドーフォントを採用しました。
動きの激しいベルマーレのフットボールをサポートし勝利に導く戦闘服となります。

2018uni_kit2

2018yuni0109_f

1/秋元 陽太/AKIMOTO
2/菊地 俊介/KIKUCHI
3/岡﨑 亮平/OKAZAKI
4/アンドレ バイア/ANDRE BAHIA
5/小林 祐介/KOBAYASHI
6/石川 俊輝/ISHIKAWA
7/梅崎 司/UMESAKI
8/大野 和成/ONO
10/秋野 央樹/AKINO
11/高橋 諒/TAKAHASHI
13/山根 視来/YAMANE
14/藤田 征也/FUJITA
15/野田 隆之介/NODA
16/齊藤 未月/SAITO
17/端戸 仁/HANATO
18/松田 天馬/MATSUDA
19/アレン ステバノヴィッチ/ALEN
20/坂 圭祐/SAKA
21/富居 大樹/TOMII
23/高山 薫/TAKAYAMA
24/表原 玄太/OMOTEHARA
26/山口 和樹/YAMAGUCHI
27/鈴木 国友/SUZUKI
28/石原 広教/ISHIHARA
29/杉岡 大暉/SUGIOKA
30/島村 毅/SHIMAMURA
31/後藤 雅明/GOTO
32/新井 光/ARAI
33/真田 幸太/SANADA
36/岡本 拓也/OKAMOTO
41/ミキッチ/MIKIC

unibtn