トピックス

2017.11.03

【For4】ベルせん 城島小学校(山根視来選手、高山薫選手、神谷優太選手、高橋諒選手)

◆訪問校
平塚市立城島小学校
◆訪問選手
山根視来選手、高山薫選手(5年1組)/神谷優太選手、高橋諒選手(6年1組)

城島小の5年1組を訪れたのは山根視来選手と高山薫選手。
授業は子ども達からたくさんの質問が飛び交う空気に。
様々な種類の質問を受けるなか、「好きな言葉は?」の問いに高山選手は「努力は無限」と回答。高山選手が小学生時代にコーチに教えてもらった言葉だそうで、いまも自分が努力を続けるうえで肝に銘じているそう。
山根選手も自身がプロサッカー選手になるまでの話を通し、子ども達に簡単に物事を諦めずに続けることの大切さを説きました。プロにはなれないと周りに言われても、好きという気持ちを原動力にずっと努力を続けてきた自分のこれまでを引き合いに出し、一生懸命な姿は誰かが見てくれているはずだとメッセージを送っていました。

【城島小5-1】ベルマーレクイズ 【城島小5-1】○×クイズ出題山根

5年2組に向かったのは神谷選手と高橋選手。
授業はアイスブレイクを行なったのち、事前に子ども達から預かっていた質問に2選手が回答していきます。
「サッカーをしたくないと思ったことはありますか?」という質問には「1番楽しいと思っていることをいま仕事にできているから、それをやりたくないと思うことはないよ」と神谷選手が回答。好きで楽しいことを仕事にできる幸せを子ども達に伝えていました。
高橋選手も過去にサッカーでの進学のため幼い頃に親元を離れた経験を通し、その決断を応援してくれた人、そのために尽力してくれた人への感謝の気持ちを持つことの大切さを話していました。

kijima6nen_01 kijima6nen_02