馬入日記

2016.08.20

【馬入日記:8月20日】「本当に大事な試合」武田英二郎選手インタビュー

160605_314今日はいよいよアウェイで鹿島戦。今季初めてJ1リーグ戦のスターティングラインナップに名を連ねた武田英二郎選手が、前日練習終了後に想いを語りました。

「ここ最近自分としては、調子が良いというか体もよく動けている感触はありましたし、そこを評価してもらったのだと思います。今季リーグ戦で出れば初めてのことですけど、これまで紅白戦や練習試合でやってきたプレーをそのまま出すだけだと思うし、特別なことを考える必要はないと。だから特別な気負いは無いですね」

武田選手の今季の試合出場はリーグカップ戦での3試合のみ。J1リーグ戦では2試合にベンチ入りしましたが今季の出場はまだありません。そんな中、自身が考える先発を勝ち取った要因とは。

「先週も調子はすごく良くて、曺さんもそのことは言ってくれていました。自分の気持ちも見せながら前向きに練習できていたと思うし、それが届いたんだと思います。練習でやってきたことが評価されていると思うし、これまでしっかりやってきた自負はある。練習中に適当になったことは自信を持って1回もないと言えるし、いつも公式戦を意識してやってきました。そういう意味でも出た時に特別なことをやる必要はないと思うし、相手どうこうより自分のプレーをするだけだと思います。変に綺麗なプレーをやろうとするんじゃなく、自分の精一杯のプレーがチームの力になると」

今季試合出場が少なかった中、もどかしさを持ちながらも常に熱い気持ちは絶やさず持ち続けていた武田選手。
必然として巡ってきたチャンスに、かける想いは一層強く。

「チームはこれまで、内容が良くても勝てない試合が多かったし、このままズルズル続いてしまってはいけない。自分にとって今回は本当に大きなチャンスだと思うし、ここで自分が結果を残して連敗を止められれば自分も計算ができる選手として認めてもらえる。自分にとってもチームにとっても本当に大事な試合だと思う。これまで試合に出ていないのでチームのために何もしていないに等しいし、チームに貢献する気持ちで、評価されたことを出せるようにやりたいです」

160605_410先ほど発表された鹿島の先発には、昨季共にプレーした永木亮太選手の名前が。「何も思わずにはいられない相手。去年紅白戦ではバチバチやっていた相手だし、お互い出場となればそれが求められるということ」と武田選手も対戦を心待ちに。

誰にとっても重要な一戦。今日も熱い戦いを共に。