馬入日記

2016.01.13

【馬入日記:1月13日】「2016新体制発表会見」開催!新しいエネルギーを感じる時間に。

本日、ホテルサンライフガーデンにて「2016新体制発表会見」を開催しました。

160113-1  160113-2

たくさんのメディアの皆様にお越しいただき、新加入選手8名(神谷選手は高校の行事により欠席)が今季に懸ける意気込みを熱く語りました。その言葉と表情からは、今年のベルマーレをさらに上へと導いていこうという気概が感じられました。

会見では、まずはじめに代表取締役会長の眞壁潔が今季に臨むクラブ全体としての想いを語りました。

「先程、事務所で貼り物を見ていたのですが、2014年にJ2記録を塗り替えて昇格した京都戦のスタメンの写真がありました。その京都戦のスタメンの11人から、次のシーズンもクラブに在籍したのは6人。J1スタートの段階で5名の選手が移籍していました。そして新しく加入した選手が去年の立派な結果残してくれたということを改めて思い返しました。ここに、今年の主役たちがいます。ぜひ期待してください」

160113-3  160113-4

そして、昨年末に代表取締役社長に就任した水谷尚人はクラブの理念、目指すべきビジョンを明確に語りました。

そして、常に発する言葉にエネルギーがあり、どんな言葉が聞けるのかいつも注目が集まる曺貴裁監督。
監督として5シーズン目の指揮を執る監督は…

「今年の我々トップチームのスローガンは“挑越(ちょうえつ)”です。これは当て字なのですが、挑んで越えて行くということでこの漢字にしました。我々は、前に大きな高い山があった時に腰が引けて後ろに下がってサッカーをするのではなくて、やっぱり挑んでいきたい。それは自分たちが今まで積み上げてきたこと、新しくこれから積み上げてくこと、そういうことにチャレンジをしてみんなでハードルを越えていく。我々は目的地までわき目もふらず一気に走り抜ける。しっかり原点に返って新しい選手、既存の選手を融合して周りをびっくりさせられるようなチームにしていきたいと思います」

周りをグッと引き寄せる監督の言葉に会場全体が引き込まれました。

160113-5  160113-6

そして、頼もしい8人の新加入選手が紹介され、一人ひとりが抱負を語りました。

選手たちのコメント、そして会見の全文は後日、公式サイトの「ボイス」にアップしますので、ぜひご覧ください!