馬入日記

2012.12.02

【馬入日記:12月2日】「湘南3年B組大体育祭 ~J1昇格感謝祭~」開催!坂本紘司選手引退セレモニー

今日、Shonan BMW スタジアム平塚にて「湘南3年B組大体育祭 ~J1昇格感謝祭~」が開催されました!

雨の中(開会宣言と同時に雨が!)にもかかわらず、3215人の皆様にご来場いただきました。本当にありがとうございました!

16:00の開門を前にたくさんの方が列を作って並んで下さいました。
入場ゲートでチケットもぎりと記念のポストカードの配布を担当したのは選手たち!そして、グッズ売店やガラポン、ベル12ブースやイヤーDVDの受付、さらにコンコース内のご案内も選手たちが担当しました。(グッズ売店が大変混み合いご迷惑をおかけしました)

選手たち、慣れないお仕事ながら一生懸命!コンコースは大変な熱気でした。

そしていよいよ大体育祭のスタート!
緑組vs青組に分かれ、選手、スタッフはビシッとハチマキを巻いて登場!(監督が一番似合ってました!)

まず大体育祭の開会宣言に先立ち、セレモニーが!
今季のJ2リーグ2位のシャーレをJリーグからいただきました。
眞壁社長から坂本キャプテンに渡され、「オ~~」という掛け声のもと坂本選手が高く掲げました!(最高の瞬間に全員ハチマキしているところがいいですね)

 
さて、馬場選手の開会宣言(見どころ解説付き!)、さらに緑組のキャプテン金選手、青組のキャプテン松本選手による選手宣誓!(金選手が韓国語で言い、松本選手が訳すパターン!)

さぁいよいよ競技スタート!!
まずは「FK対決」!なんと、壁に入るのは事前募集で選ばれたちびっ子たち!選手が蹴るFKの壁になるなんて、なかなかできない経験です。
選手たちの登場に加え、曺監督も参戦!結果は…3球とも大きくバーの上を超えてオーバー!(きっと子どもたちに当てないように気を遣ったのだと思います。…きっと!)
「サッカーって難しいですね(笑)」と監督の一言。

さらに…「借り物競争」では、選手・スタッフがスタンドへ上がり、サポーターの皆さんから指定されたものをお借りする!というもの。

例えば…「●年のユニフォーム」「選手のサインが10個以上入ったグッズ」「自分と同じ背番号のもの」というものから、「かつら」「サンダル」「自分と同じ誕生日の人」
という難しいものまで。

「●年のユニフォーム」と書かれていても、写真の坂本選手のように“子どもごと”抱っこして借りてきて、大盛り上がり!
皆さん、ご協力ありがとうございました。

 
そして…
度肝を抜かれたのが…選手たちが仮装して10分1本勝負のサッカー対決をする「ミラクル湘南」!!

これは…もうすごいことになっていました!
仮装の衣装はスタッフが用意したものではなく、選手たちが自分たちで考えて、自分たちで調達したもの。仮装しながらのサッカー(でもやっぱりうまい!)に笑い、金選手をはじめとするガヤ(つっこみの嵐!)に笑い、お約束のオチに笑い…ととにかく笑いが絶えませんでした。

この写真を見ても、誰が誰だか分からないくらいですが…
一番衝撃的だったのは、下村選手の「秋葉原のオタク」!そうなんです、あんなにカッコいいのに、実はこんなこともできちゃう素敵すぎるキャラなんです。

さらには鎌田選手の「メイド」姿がとにかくかわいいと大評判。
そして坂本選手は「スギちゃん」、永木選手が「バレリーナ」、大野選手が「フランクフルト(?)」などなど、とにかくお腹を抱えて笑う10分間でした。

 
そして…

サポーターの皆さんと選手がチームを結成して対決した「ピンポン球リレー」も盛り上がりました!
事前募集ではたくさんのご応募をいただきありがとうございました。

スプーンの上にピンポン球をのせてリレーをするというシンプルなゲームですが、チーム一丸となって戦いました。
「最高の思い出ができました!」とサポーターの皆さんには喜んでいただけました。

さらに、待望の「ベル八先生 THE MOVIE」の放映!!こちらもすごかった!

選手たち自身も、サポーターの皆さんも、あの迫真の演技に大爆笑。(一番の迫真の演技は阿部選手だったと思います!)

この撮影、大まかな台本はあったのですが「アドリブ進行中」となっていたところは本当に選手たちのアドリブ。しかもほとんど編集していないのです。
3年B組、あっぱれでした!

 
そして!

今季のホームゲームでも最高のパフォーマンスを披露してくれた湘南乃風のHAN-KUNさんが駆けつけてくれ、スペシャルライブを!!

雨の降る中でしたが、選手たちも一緒に歌い、サポーターの皆さんも含めスタジアムが一体となって楽しみました。

大体育祭の対決は…
緑組の圧倒的勝利!!シャーレ(のようなもの!)が授与され、金選手率いる緑組は歓喜!

 

 
そして最後に。

坂本紘司選手の引退セレモニーが行われました。

2000年から13年間の軌跡をビジョンで流し、選手会から花束、そして今日サポーターの皆さんにメッセージを書いていただいたフラッグが手渡されました。

そして、坂本選手からサポーターの皆さんに挨拶を。

「まずは、今日本当に寒い中来て下さった皆さん、本当にありがとうございます。今日、こういう楽しい会で引退セレモニーをできることになったのもJ1昇格できたからだと思いますし、まず監督はじめ、スタッフ、選手のみんなに、そして一年間応援していただたサポーターの皆さんに、本当に感謝しています。ありがとうございます。
13年間、この平塚をホームグラウンドとして数えきれないほどのゲームをしてきました。自分の記憶では、おそらく負けたゲームのほうが多かったんじゃないかと思いますが、いつも、どんな時も、変わらず支えてくれた皆さんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。
これから、第2の人生が始まります。まだ正式には決まっていませんが、ベルマーレというチームは僕にとって特別なクラブですし、今後も何らかの形で携わっていきたいと思います。
最後になりますが、今年J1昇格を果たし、本当に素晴らしいチームになりました。今までたくさん苦労をかけた分、これから皆さんにJ1の舞台で、思い切りベルマーレのサッカーを楽しんでもらいたいと思います。曺監督はじめ、ここにいる選手、また新しく入ってくる選手が、皆様に新たに感動や勇気を与えてくれると思います。ここにいる選手たちを、そして僕の愛するベルマーレを、これからも応援して下さい。よろしくお願いします!13年間、本当にありがとうございました!」

溢れる涙を抑え切れず大粒の涙を流しながらの挨拶。しかし心を込めて一言一言を発していました。

選手たちが駆け寄り、偉大な先輩を高く胴上げ!
スタンドの端から端まで挨拶をし、「ありがとう!」「お疲れ様!」という声に応えていました。

16年間の現役生活、そして13年間にも渡るベルマーレでの活躍。
サポーターの皆さんに支えられ、愛され、そしてその想いに負けないくらいサポーターの皆さんを大切に想ってきた“ミスターベルマーレ”。

ありがとう、坂本紘司。
あなたの勇姿は忘れません。

※フォトアルバムはこちら!
http://www.bellmare.co.jp/69081