馬入日記

2018.10.05

【馬入日記:10月5日】「みんなと自分を」

IMG_1096

今季2度目の試合中止に見舞われた先週末、今週はそこからタフなトレーニングを積みましたが「いつもこんな感じじゃないですか」と菊地俊介選手は笑ってみせます。鳥栖戦へ向け、それはいつもと変わらぬ良い準備ができた何よりの証拠でしょう。

負傷により約1ヶ月チームから離脱した菊地選手は、ことあるごとにその悔しさを言葉にしていました。だからこそ佳境に入った今季の残りに、注ぐ想いは人一倍です。「リーグでは少しでも上の順位に行きたいし、ルヴァンもタイトルを取るために、やっぱりファイナルに行きたい」そのための自身の役割を説きます。

「勝点3や勝利を得るには、やっぱりゴールが必要。前線でプレーする時間がこれまでも長いですし、得点やゴールに絡むプレーというのは意識してやっていきたい。同じく前線に入る選手とはお互いの特長を理解しあっているし、連携面ではこれからもっと良いものを見せていけると思います」

シーズン途中に加入した選手も含めて「みんな湘南のやり方に馴染んでいる」とその手応えは確か。総力戦で臨む残りの試合に、改めて意気軒昂です。

「次の鳥栖は順位も近いですし、試合数が多くなる10月はタフになるので、その月の最初の試合をしっかり取ってルヴァン、そして残りのリーグに弾みをつけたいです」

しばらくチームを留守にした副将は、しかし何事にも動じることなく泰然と構えます。「大丈夫ですよ。信じます、みんなと自分を」頼もしさを増す背番号2が、再びピッチで力強く駆け回ります。