トピックス

2017.11.03

【For4】ベルせん 真土小学校(ドラガンムルジャ選手、武田英二郎選手、菊地俊介選手、奈良輪雄太選手)

◆訪問校
平塚市立真土小学校
◆訪問選手
ドラガンムルジャ選手、武田英二郎選手(5年1組)、菊地俊介選手、奈良輪雄太選手(5年2組)

IMG_3329-1ムルジャ選手と武田選手が訪れたのは真土小学校の5年1組クラス。緊張気味な子ども達の様子を見ながら、武田選手がクイズでアイスブレイクを図り子ども達とのふれあいを深めます。
サッカーに詳しくない児童にも楽しめる内容で、教室は徐々に和やかなムードに。
空気が温まった授業後半は、両選手から夢についてのメッセージが。
「夢は叶えば1番良いけれど、必ずしもそれができるとは限らない。だけど夢を叶えるために本気で取り組んで、辛いことや難しいことに直面しても投げ出さないことが大事」武田選手がそう話せば、ムルジャ選手も「誰よりも自分を信じること。他人から何を言われようとも簡単には止めることなく、突き進んで欲しい」と熱い言葉を送りました。

5年2組を訪問したのは菊地選手と奈良輪選手。
こちらも緊張気味な子ども達を前に、両選手は予定に入れていなかったゲームを行い空気を和らげます。
IMG_4324ゲームですっかり打ち解けた児童を前に、2人はそれぞれこれまでのサッカー人生を振り返りながら「サッカーはずっと好きだったから、嫌いにならずにずっと続けてこられた」(菊地選手)、「大学4年生の時に大怪我をしてプロの道を諦めようと考えたこともあったけれど、そこで辞めずに続けてきたことで今の自分がある」(奈良輪選手)と、好きなことに全力で取り組むこと、諦めずに夢を追い続けることの大切さを伝えました。

授業の最後は「またスタジアムで会いましょう!」と子ども達と約束し終了。楽しい45分間を過ごすことができました。