監督・選手コメント

2017.01.29

SHONAN × FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2017 Presented by日本端子 湘南vs福島 試合後選手コメント

【秋元陽太】
このBMWスタジアムの懐かしいピッチでプレーするのが久々でしたけど良い雰囲気でできました。結果は4-0でしたけど、細かいミスがあったのでそれはスペインでの合宿で修正して言って、開幕までにはしっかりしたチームに仕上げていきたいと思います。「この時間帯に(ボールを)取られてはいけない」とか、僕自身も最初に判断ミスなどがあったので、そういうところをしっかり突き詰めてやっていければもっと楽にできるようになってくると思います。
久々でしたが、バイアとの関係はもう問題ないですね、パワーアップしていました(笑)。スギ(杉岡大暉)もフレッシュな感じでプレーしてくれたし、そういう自分らしさをもっともっと出して、彼がリーダーシップを取れるくらいになるまで僕もサポートできればと思います。

【表原玄太】
今日は午前中の試合も出たので、福島との試合は45分の出場でしたけど、やりきったというよりはまだまだ足りないところを感じました。特に体力的に感じたので、そこはまたスペインで頑張りたいと思います。最初の産能大との練習試合から比べると全然違うくらいコミュニケーションが取れてボールにもいっぱい触ることができているんで、これをスペインでより深めていければと思います。(ゴールシーンは)良いボールが来たので、当てるだけでした。試合に入るときも曺さんからは特に何も言われていなかったので、とにかく点を取ることと守備のところでしっかりプレーしようと決めていました。
この2週間厳しい練習を毎日やって来た中で、みんな疲労感を出さずにやっているので、自分も負けてられないという気持ちが出て来ていると思います。これからはチームを引っ張っていけるくらいになれればと思っています。これからはドリブルのところで僕は違いを出していかないといけないと思っていますし、守備のところでは90分間走れるゲーム体力を作っていきたいと思います。

【杉岡大暉】
運動量を持って戦うのがこのチームの特徴だと思うので、そこは意識してプレーしていました。その中で自分のプレーは悪くはなかったですけど、最後のクロスの質や連携の部分でまだまだ突破できるところがあったので、そこはこだわってやっていきたいです。その他にも縦パスは鍵になると思っていたので、意識してどんどん入れていくようにはしていました。みんなと結構話をしながら、今日で言えば左サイドで北斗さん(下田)とかとよく喋って、良いタイミングで出してくれたので、やりやすくて良かったと思います。ビルドアップでボールを失わずにプレーできたというのは自信になりました。4得点目のような得点につながるプレーをどんどん増やしていければ良いと思うので、狙ってやっていきたいと思います。

【後藤雅明】
個人的にまだまだ改善点が細かくあると思っているので、そういうところはまたトレーニングから常に試合を意識してもっともっと高めていきたいと思います。自分は今季入ってきた選手なので、トレーニングのところからもっともっと声をかけて連携を深めていかなければならないと思います。もっと密にコミュニケーションを取っていかなければいけないと思いました。開幕までの1ヶ月、高いレベルを意識して、常に試合に出るイメージを持って取り組んでいきたいと思います。