馬入日記

2014.11.25

【馬入日記:11月25日】「ホームタウンシャーレツアー」実施!ホームタウンに感謝を。

今日は「ホームタウンシャーレツアー」が行われました!

例年は、選手・スタッフがホームタウン10市町に分かれて、シーズン終了の報告とお礼のため訪問を行っているのですが、今年はJ2優勝を果たすことができたため、シャーレを皆さんに見ていただいて、感謝の気持ちを全員で伝えようということで、「シャーレツアー」と題して9市町を訪問することになりました。
(平塚市は前日に盛大なパレードを行ったので今回は9市町での実施でした)

朝8時30分、神田交通さんのベルマーレバスに選手・スタッフ全員が乗り込み出発!
まずは茅ヶ崎市へ向かいました。

1  2

茅ヶ崎市では市長はじめえぼし麻呂ちゃん、職員の皆さんが大きな拍手で迎えてくれました。
選手たちはフロアをまわり職員の皆さんにご挨拶も行いました。

3 4

続いて藤沢市でも、ホールの中にたくさんの職員の方々や藤沢サポーター会の皆さんをはじめとするサポーターの皆さんが熱烈歓迎を。
選手一人ひとりが紹介され、一人ひとりに大きな拍手をいただきました。
市長からお祝いのお言葉をいただき、皆さん揃って集合写真を撮影しました。

5 6

そして寒川町へ。こちらでもたくさんの方が拍手と笑顔で迎えて下さいました。町長からのお話、そして秋元選手から優勝の報告とご支援のお礼の挨拶を行いました。

7 8

寒川町から移動して今度は厚木市へ。フロアの1階でたくさんの方が見守る中での優勝報告。
市長からのお話をいただき、菊池選手が感謝の言葉と来季への抱負を語りました。
厚木市への訪問が終わると、待ちに待ったお昼ごはん!
厚木のレンブラントホテルで美味しいランチをいただくと、選手たちは充電完了でさらに元気に!

9 10

続いてやってきたのは伊勢原。伊勢原のサポーター会・ビオーニャの皆さんをはじめたくさんの方が庁舎前で迎えて下さり、横断幕がぎっしり貼られた中を入場。
お祝いのお言葉や花束をいただき、菊地選手が感謝の挨拶をしました。

11 12

そして、移動中のバスの中でお菓子がふるまわれたりと遠足のような感じになってきた終盤。
続いては秦野市へ。秦野市ではなんと可愛い園児の皆さんが迎えてくれました。
選手たちが部屋に入るなり「おーめーでーとー!」の声に、みんな笑顔。
一人ひとりに手作りの金メダルを首にかけてくれ、選手たちは本当に嬉しそうでした。
最後は大人も子どもも、みんなとハイタッチをして退場となりました。

13 14

 
続いて、小田原市へ!バスを降りた瞬間、小田原サポーターズの皆さんを中心に熱いベルマーレコールで迎えていただきました。
小田原と言えばもちろん、古林選手が代表で挨拶。「僕ももっと地元に恩返しできるように頑張ります」と話し、大きな拍手をもらっていました。
祝福と激励の言葉をいただいたのち、小田原提灯の前でみんなで写真撮影を行いました。

15 16

そして、二宮町へ!二宮町では、小学生のサッカーチームのみんなが大勢で迎えてくれ、ハイタッチで入場。
花束をいただき、監督や永木選手からの挨拶が。
たくさん集まってくれたサッカーチームの子どもたちと写真を撮影しました。
子どもたちはみんな、道路まで出て手を振って見送ってくれました。

17 18

そしてついにシャーレツアーのラスト!!大磯町に到着!
こちらでも、ホールにたくさんの方が集まって下さり、熱烈歓迎を。
大磯の3つの高校のサッカー部の皆さんも来てくれました。
永木選手が湘南の素晴らしさを語り、みんなで集合写真を。
最後はハイタッチで退場となりました。

9市町のシャーレツアーを達成し、バスの中は拍手!
8時30分にクラブハウスを出て、戻ってきたのは17時30分。約9時間、走行距離120キロのツアーでした。

改めてホームタウンの広さを感じると共に、この広いホームタウンのすべての場所で熱く温かく応援して下さる方がいること、支えられてクラブがあることを感じることができました。
たくさんの方から「感動しました」「ありがとう」「来季も楽しみです」という言葉をいただきました。
笑顔がもっと広がっていくように、クラブひとつになって頑張っていきます。
シャーレツアーにご尽力いただいた皆様、ありがとうございました!