Message50周年メッセージ

臼井幸平元選手 USUI KOHEI
生年月日:1979年7月16日
出身地:神奈川県
ポジション:DF
ベルマーレ平塚/湘南ベルマーレで164試合出場7得点

ベルマーレ創立50周年おめでとうございます。 自分がベルマーレに入団したのは1998年で、日本代表選手になった方々が多くいた時代だったので、毎日が刺激と緊張の連続でした。
トップチームには、1998年から2000年までと2008年から2011年までの合計7年間在籍しましたが、一番記憶に残っている試合は2009年のJ1昇格への大一番となった甲府戦ですね。(2009年11月21日/3-2で勝利)
アディショナルタイムに紘司さん(坂本紘司)が劇的ゴールを決めたことは今でも記憶に強く残っています。(下段右の写真)
この年は全ての試合が劇的なものばかりで、本当に素晴らしい一年でした。
この他にも横浜フリューゲルス戦でデビューしたこと。二度のJ2降格を味わったこと。
ベルマーレJr.ユースから引退するまで14年間お世話になり、自分のサッカー人生の多くはベルマーレと共にあったと思います。

サポーターの皆さんにも、ユース時代から応援していただき何度も背中を押していただき大変感謝しています。
今現在は横浜を中心にサッカースクールを運営していますが、この中から将来、湘南ベルマーレなどプロで活躍できる選手を育成できるよう日々努力していきたいと思っています!

【About USUI KOHEI】
1992年にベルマーレ平塚のJr.ユースの選手として加入し、ユース昇格、さらに1998年にトップチームに昇格した生え抜き選手。
2002年に横浜FCへ完全移籍するも、山形を経て2008年に再びベルマーレに戻ってきました。誰もが再会を喜び、「幸平」と親しみを込めて呼んでいました。
右サイドバックとしての存在感は抜群。アグレッシブに駆け上がり正確なクロスを上げ、何度も得点に絡む活躍でチームを牽引しました。
メッセージにもある2009年の甲府との大一番では、幸平自身も2得点目を決めています。(下段真ん中の写真)とってとられて、逆転されて逆転して…というこれ以上ないほどの劇的な試合を制した選手たちの姿は、多くの人の心に焼き付くものでした。
2009年の最終戦となる水戸戦で再び逆転で11年ぶりの昇格を決めた時、幸平は顔を覆って涙…。忘れられないシーンです。