Essayあなたとベルマーレ

練習グラウンド水没で感じる愛と絆

2018.2.9 赤坂博子さん(平塚市)

フジタの頃から今日に至るまで、心に強く残っているのはチーム存続危機とグラウンドの水没です。
思えば私のチーム愛は1999年8月の大神グラウンド水没から始まった気がします。
当時ベルマーレのグラウンドの横に平塚シニアのグラウンドもありました。そのため、主人と仲間が仕事帰りにグラウンドに寄ったところ、そこは一面の海のよう。
プカプカと浮遊状態のフリーキック用人型を片付けようとグラウンドに降りたら、水は胸まであったそうです。
スタッフや仲間とサーフィンの様に漕いで土手まで運んだり、ゴールポストを移動させたり。

翌朝、主人と私が目にしたのは水が引けた泥の海のグラウンドでした。端の方で泥かきをしている人が6人程、この人数でこの広いグラウンドを、どの位かかるんだろうなんて、他人事で見ていたら男性スタッフの中に女性が一人。あんな若い綺麗な娘までが泥だらけになって頑張ってる。私はたまらずグラウンドに降りました。
心配して駆けつけたサポーターやFM湘南ナパサの声かけで集まった人達、アウェイから戻り話を聞きおにぎりを差し入れてくれた選手、チームとサポーターが一体になりました。

それから毎年台風がくると心配になります。
昨年の馬入水没は大神の時より酷い状況で、何とかしたい一心で参加させていただきました。「手伝えないから」と差し入れをしたサポーター、駆けつけてくれた他チームのサポーターもいました。
グラウンドの水没は悲しい出来事です。
でもその時改めて感じるのはチームとサポーターの絆、そしてたくさんの温かい心です。
集まった人達の「選手に一日でも早くこのグラウンドで練習してほしい」という思いを共有できることが嬉しく、本当にベルサポで良かったと思っています。
  • レジェンド坂本紘司

    456試合 57得点 言うまでもなくベルマーレ最多出場・最多得点を叩き出した選手といえば…

    2018.5.5三上馨史さん(平塚市)
  • 調理ボランティア

    2000年の春から大神のクラブハウス内にある調理場で、調理ボランティアに参加していました。住んで…

    2018.3.31山下陽子さん(平塚市)
  • 父と私とベルマーレ

    ベルマーレとの出会いは物心つく前の3歳の頃。父に連れられて当時はホームチケットが入手困難という…

    2018.3.14野田真輝さん(茅ヶ崎市)
  • ベルマーレのチカラ

    我が家とベルマーレの出会いは2010年。知人にチケットをいただいて観戦し、「こんな素晴らしい…

    2018.3.8服部康弘さん(厚木市)
  • 練習グラウンド水没で感じる愛と絆

    フジタの頃から今日に至るまで、心に強く残っているのはチーム存続危機とグラウンドの水没です…

    2018.2.9赤坂博子さん(平塚市)
  • 自分とベルマーレの出会い

    僕とベルマーレの運命の出会いは1998年シーズンのホーム最終戦でした。それまではなかなか観戦機…

    2018.2.2村上健哉さん(相模原市)
  • ベルマーレと妻への感謝

    あれは、3年前の開幕戦となる浦和レッズ戦のことでした。雨の中、友達の紹介で知りあった女性がいま…

    2018.1.23端山 純さん(藤沢市)
  • 我が家の家宝

    2001年4月7日、長男・大也(ダイヤ)の誕生日でした。ちょうど当日がベルマーレのホームゲームに…

    2018.1.20小林 昭さん(平塚市)


エッセー募集のお知らせ

記憶に残っている試合、選手との思い出、スタジアムや練習場での出来事など、忘れられないあなたと(もしくはあなたの家族と)ベルマーレのエピソードをエッセーにしていただき、写真と共にお送りください。

◆募集内容 「あなたとベルマーレ」では、湘南ベルマーレにまつわる心に残るエピソードをつづったエッセーを募集いたします。
記憶に残っている試合、選手との思い出、スタジアムや練習場での出来事など、忘れられないあなたとベルマーレのエピソードをエッセーにしてお送りください。
藤和不動産、フジタ、ベルマーレ平塚、湘南ベルマーレと歴史を重ねてきた全ての時代でのエピソードが対象です。
また、エッセーと共に写真もお送りください。 ◆募集要項 ・400字~800文字以内で未発表のもの
・タイトルとお名前もお忘れなくご記入ください
・写真は1~4点以内でお願いいたします
・作品の著作権は湘南ベルマーレに帰属いたします
・応募者の個人情報はサイト掲載及び入賞の発表に利用いたします ◆応募先 メールでお送りください。
件名を「あなたとベルマーレ」とし、下記アドレスまで文章と写真をご送付ください。
また、作品と共に「お名前、ご住所、お電話番号」もご記入ください。

◇メールアドレス
bellmare@mf.scn-net.ne.jp ◆応募締切 随時募集し、最終締め切りは2018年11月下旬を予定