Essayあなたとベルマーレ

自分とベルマーレの出会い

2018.2.2 村上健哉さん(相模原市)

僕とベルマーレの運命の出会いは1998年シーズンのホーム最終戦でした。
それまではなかなか観戦機会がなく、誕生日にユニフォームに番号をマーキングしてプレゼントしてもらっていただけでした。

運命の日、試合後に選手の出待ちをしました。当時、日本代表の呂比須ワグナー氏に写真を頼むと笑顔で了承してくれました。
当時小学生だった僕は「ベルマーレの選手は優しい!」と思い、ベルマーレが大好きになりました。
翌年、呂比須ワグナー氏は移籍してしまいましたが、チームに残ったメンバーが懸命に走るベルマーレを見てますます大好きになりました。

月日は流れて20年経った去年、僕は思い切って新潟の地に向かいました。
呂比須ワグナー氏が監督として日本に戻ってきたので、当時撮らせてもらった写真と大事にしていたユニフォームを持ってアルビレックス新潟さんの練習グラウンドで思い切ってサインを頼んだんです。すると、呂比須ワグナー氏は優しく微笑んでくれて「今まで大事にしていてくれてありがとう」と言ってもらえました。
そして「これからもベルマーレ応援してあげてね」と言ってもらえたのです。

その一言で、僕はこれからもずっとずっとベルマーレというチームを愛して行こうと心に決めたのでした。
  • 練習グラウンド水没で感じる愛と絆

    フジタの頃から今日に至るまで、心に強く残っているのはチーム存続危機とグラウンドの水没です…

    2018.2.9赤坂博子さん(平塚市)
  • 自分とベルマーレの出会い

    僕とベルマーレの運命の出会いは1998年シーズンのホーム最終戦でした。それまではなかなか観戦機…

    2018.2.2村上健哉さん(相模原市)
  • ベルマーレと妻への感謝

    あれは、3年前の開幕戦となる浦和レッズ戦のことでした。雨の中、友達の紹介で知りあった女性がいま…

    2018.1.23端山 純さん(藤沢市)
  • 我が家の家宝

    2001年4月7日、長男・大也(ダイヤ)の誕生日でした。ちょうど当日がベルマーレのホームゲームに…

    2018.1.20小林 昭さん(平塚市)


エッセー募集のお知らせ

記憶に残っている試合、選手との思い出、スタジアムや練習場での出来事など、忘れられないあなたと(もしくはあなたの家族と)ベルマーレのエピソードをエッセーにしていただき、写真と共にお送りください。

◆募集内容 「あなたとベルマーレ」では、湘南ベルマーレにまつわる心に残るエピソードをつづったエッセーを募集いたします。
記憶に残っている試合、選手との思い出、スタジアムや練習場での出来事など、忘れられないあなたとベルマーレのエピソードをエッセーにしてお送りください。
藤和不動産、フジタ、ベルマーレ平塚、湘南ベルマーレと歴史を重ねてきた全ての時代でのエピソードが対象です。
また、エッセーと共に写真もお送りください。 ◆募集要項 ・400字~800文字以内で未発表のもの
・タイトルとお名前もお忘れなくご記入ください
・写真は1~4点以内でお願いいたします
・作品の著作権は湘南ベルマーレに帰属いたします
・応募者の個人情報はサイト掲載及び入賞の発表に利用いたします ◆応募先 メールでお送りください。
件名を「あなたとベルマーレ」とし、下記アドレスまで文章と写真をご送付ください。
また、作品と共に「お名前、ご住所、お電話番号」もご記入ください。

◇メールアドレス
bellmare@mf.scn-net.ne.jp ◆応募締切 随時募集し、最終締め切りは2018年11月下旬を予定