馬入日記

2019.03.12

【馬入日記:3月12日】アウェイ2連戦からホーム2連戦!鈴木冬一選手インタビュー

190312-1先週行われたYBCルヴァンカップ第1節長崎戦でプロデビューを果たし、3日後に行われたJ1リーグ第3節鹿島戦でリーグデビューを果たした鈴木冬一選手。

今季、長崎総合科学大学附属高校から加入したルーキー。試合結果はどちらも悔しいものとなりましたが、ピッチの上で存在感を示しました。

「開幕から2試合ともベンチ外だったので、まさかこんなに早く出場機会を与えてもらえると思っていませんでした。思っていなかった分、言われたときはすごく嬉しかったです。出場させてもらったことは本当に光栄だったんですけど、やっぱり試合に出て実際に肌で感じたものは多くて…、満足よりも、もっとうまくなりたいとか、そういう向上心が生まれた試合になりました」

スタメンで出場したデビュー戦は奇しくも長崎の地でした。選手紹介の時に名前が呼ばれると長崎サポーターの皆さんからも拍手が起こりました。

「縁があるなと思いました。選手権の準決勝、決勝でもあの舞台でやりましたし、思い出のあるスタジアムです。だからこそ、自分としては結果を残したかったです。残念な結果になってしまって、あの日は反省しなければいけないですけど、でも連戦が続くので、しっかり気持ちを切り替えてやらなければと思います」

高校3年の時にC大阪ユースから長崎総科大附属高校へ。在籍したのはわずかに1年でしたが「感謝しかないです」と鈴木選手。

「いまこうしてベルマーレのエンブレムをつけてプレーできている。大きな決断だったと思いますが、長崎へ行ってるか行ってないかで僕の人生は180度変わってたと思うくらい良い選択だったと思います」

長崎戦から3日後、鹿島戦のメンバーにも入り、71分に交代出場しました。

「応援の迫力もすごかったし、アップ中もずっと出場したいなと思っていました。入った時はすごくワクワクしていました。視来くん(山根選手)やヤマくん(山﨑選手)やみんなが“持ったら仕掛けろ”みたいに言ってくれたので、自分のプレーがしやすかったです。見ている時も、やっていても10人という感じはしなかったです。出してくれた曺さんに感謝の気持ちがありますし、同時に自分が出て結果を出せていないという悔しさがあります」

チームに加入してちょうど2カ月ほど。初めての対外試合となった1月末の福島戦から、キャンプを経て、トレーニングの中で成長を遂げています。

「チームにだいぶ溶け込めてリラックスしてやれています。状況に慣れるということはサッカー選手にとって大事だと思っていますし、毎日の練習の中で、自分のプレーを出せるようになってきていると思います。ポジション的にはウィングバックで出ることが多いんですけど、無失点で抑えるという使命もありますし、得点に絡むようなプレーも求められるので、その両方を求めてやっていきたいと思っています」

課題として感じているのは…
「試合の中では70分以降が一番きついと思うんですけど、そこの時間帯でもクオリティを落とさないプレーヤーになりたい。長崎戦の最後の失点のシーン、あれは完全に僕の甘かったところ。プロだったらああいうところが対応できるべきだし自分のせいです」と振り返ります。

アウェイ2連戦を経て、今週はホーム2連戦です。

「BMWスタジアムに早く立ちたいという気持ちは一番あります。自分たちのホームのピッチに立って、自分のプレーを表現したい」

ルヴァン横浜FM戦、リーグ仙台戦と重要な試合が続きます。
ぜひスタジアムへ!!