馬入日記

2019.03.01

【馬入日記:3月1日】明日は再びホームでFC東京戦!岡本選手インタビュー

190301-1開幕から1週間。明日は再びホーム・BMWスタジアムで第2節が行われます!迎えるはFC東京。開幕から2試合連続でホームで戦えるアドバンテージも活かし、是が非でも連勝したい大切な一戦です。

練習後、岡本拓也選手に話を聞きました。まずは開幕戦の札幌との一戦を振り返ってもらいました。

「個人的には、前半は特に硬くなってしまったというか、力が入ってしまったかなという感じでした。チームとしてもいい流れではなかったですけど、粘り強く戦えて、後半の入りがよかったことで流れを自分たちに引き寄せられたのかなと思います。自分自身も後半はいい感じに体が動いて走れていたし、結果的にはよかったと思います」

札幌の決定機も幾度かある中、無失点で90分を終えられたことも大きな収穫でした。

「前半はめちゃくちゃしんどかったです。でもそこまで慌てずにやれたことと、最後のところでみんなが体を張れていたのでなんとか抑えることができました。細かく言えばもう少しできたらいいなと思うところはありますけど、ゼロに抑えられたということは本当によかったなと思います」

プレシーズンで毎日積み重ねてきた“進化した湘南スタイル”。
開幕戦後に、去年との変化を感じるという声もありました。

「でもまだ1試合ですし、周りの人がそう言ってくれるのは嬉しいけど、1試合ではまだ判断できないかなと思います。継続してできたら変わったということになるけれど、まだまだ。自分たちは足元を見つめてやっていかなければいけないと思っています」

ただ、変化を感じる部分としては…
「確実にみんな判断が早くなっていると思います。動き出しも違うし、去年だったら少しゆっくりするところを前に速く出て行ったり、速く戻ったりということが増えているのかなと思います。動きの量、それから動きの質が違うなと感じます。あとはやっぱり予測の部分。みんなが速いから一瞬見逃したら自分が置いていかれちゃう、という感覚。遅かったらすごく目立つし、お互いにそれは感じていると思います。すごくいい流れができているなと感じます」と。これはまさに、練習の賜物による変化です。

明日のFC東京を迎えるにあたりポイントとなりそうなのは…
「相手はカウンターも速いですし、自分たちの攻撃はやり切るということが大事だと思います。もし取られたとしても、素早く戻るという基本的なところが重要になると思います」と。

クラブとして、J1での開幕連勝となれば1998年以来(!)のこと。
「ホームで2試合連続できるというのはチャンスだし、勝点をしっかりとりたい。スタートダッシュしたいですね」

試合が楽しみ、という雰囲気の岡本選手。最後にこんな風に話していました。
「やっていて面白いです。それに“可能性があるな”って感じられる。チームももっとよくなるし、個人としてももっとよくなると思える。この1年が終わった時により成長できたと思えるようにしたいと思います」

ピッチの上の躍動が見逃せないのはもちろんのこと、明日も試合前からイベント盛りだくさん。1日ベルマーレで楽しんでください!
ご来場、お待ちしています!

※FC東京戦詳細はこちら
http://www.bellmare.co.jp/hg20190302