馬入日記

2018.11.29

【馬入日記:11月29日】「謙虚に」

IMG_2443

「良い緊張感で今週も過ごせていると思う」

先週末の浦和戦に勝利し、そして今週迎える最終節。それでも馬入ではいつも通りの強度高い練習が続き、その空気はピンと張りつめています。「個人的にも良い時間を過ごせているし、自分のメンタルをしっかりコントロールして、チームを後ろから支えたい」秋元陽太選手は話します。

前節、チームはリーグ戦で4試合ぶりの複数得点をマークしました。「前線の選手達が2週間の中断期間で徹底して取り組んできた結果」秋元選手は仲間の努力を称え、そして「守備陣も1失点してしまった反省はあるけれど身体を張って守ることはできていたし、そこは継続していきたい」と自身の果たすべき役割に改めて目を向けます。

今季、リーグ戦では全試合で最後方からチームを鼓舞し続けた秋元選手。誰よりも近くで仲間の献身を見てきた者として、特筆すべきはやはり守備での成長だと言います。

「3バックは本当に良くなったと思うし、両ワイドの選手も含めてゴール前の徹底ぶりはひとつ上のレベルに上がった感じがある。それは一つひとつの失点をみんなで受け止めて、なぜそうなったか、どうすれば改善できるかを話し合ってきたからだと思う。それは曺さんがそういう働きかけをしてくれたこともあるけれど、選手一人ひとりがそのことをしっかり理解してやってきたからこそ積み上がったものだと思います」

自分たちの成長に驕ることなく、飽くなき向上心を持ち続けたからこそ階段をひとつずつ登ってくることができた今季のチーム。「謙虚に、いつも通りのサッカーをして帰ってきたい」最終節に向け、秋元選手は最後まで自分達に矢印を向け続けます。