試合記録

2015明治安田生命J1リーグ

1stステージ 第4節 vs モンテディオ山形

4月4日(土)14:04 @NDソフトスタジアム山形

HOME  モンテディオ山形 湘南ベルマーレ  AWAY
モンテディオ山形  1 1 前半 2 2 湘南ベルマーレ
0 後半 0
3 > 3 勝点 4 > 7
45+2分 ロメロ フランク 得点者 9分 高山 薫
24分 藤田 征也
選手 シュート シュート 選手
GK 1 山岸 範宏 0 STARTING
LINEUP
0 秋元 陽太 1 GK
DF 2 舩津 徹也 1 0 遠藤 航 3 DF
DF 17 當間 建文 0 0 アンドレ バイア 4 DF
DF 4 西河 翔吾 0 0 三竿 雄斗 17 DF
DF 13 石川 竜也 0 3 藤田 征也 14 MF
MF 7 松岡 亮輔 2 0 菊地 俊介 2 MF
MF 5 アルセウ 2 1 永木 亮太 6 MF
MF 22 キム ボムヨン 2 1 菊池 大介 10 MF
FW 30 山﨑 雅人 0 2 大竹 洋平 7 FW
FW 11 ディエゴ 1 3 アリソン 18 FW
FW 24 ロメロ フランク 3 3 高山 薫 23 FW
GK 16 兼田 亜季重 - SUB - イ ホスン 25 GK
DF 27 高木 利弥 - - 坪井 慶介 20 DF
DF 31 高木 純平 - 0 島村 毅 30 DF
MF 9 中島 裕希 1 - 古林 将太 5 MF
MF 10 伊東 俊 0 0 可児 壮隆 26 MF
MF 15 宮阪 政樹 - - ブルーノ セザル 9 FW
FW 8 林 陵平 1 0 大槻 周平 19 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
  13 シュート 13 ◆90+2分 可児 壮隆
12 ゴールキック 14
5 コーナーキック 2
8 直接フリーキック 12
4 間接フリーキック 3
4 オフサイド 2
0 PK 0
得点経過
◆45+2分
24 ロメロ フランク
右 13 CK ↑ 中央 相手DF クリア 24 ~ 左足S
 
 
 
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
◆9分
23 高山 薫
中央 直接FK 1 ↑ 相手DF → 相手GK 23 カット 左足S
◆25分
14 藤田 征也
中央 7 → 18 → 14 右足S
選手交代
◆59分
30 山﨑 雅人 → 8 林 陵平
◆73分
24 ロメロ フランク → 10 伊東 俊
◆85分
7 松岡 亮輔 → 9 中島 裕希
◆59分
7 大竹 洋平 → 19 大槻 周平
◆78分
14 藤田 征也 → 26 可児 壮隆
◆88分
17 三竿 雄斗 → 30 島村 毅
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
7,321人 晴、中風 16.3℃ 28% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
星野 務 今村 義朗 蒲澤 淳一 金井 清一 林 可人 細谷 龍彦

監督コメント

●曺監督 総括

お疲れさまでした。
いい天候に恵まれて湘南からたくさんのサポーターに来てもらって、アウェイのこの難しい戦いのなか勝点3を取れたことは、彼らにすこし報いることができたかなという想いと、頑張った選手たちを素直に称えてあげたいなと思います。

今日は立ち上がりから、風の影響もありましたが、我々らしいプレーが随所に見られて、おそらく前半の10分間ぐらいで5、6本シュートを打ったんじゃないかというぐらい積極的なプレーが見られ、すごくいい入りができて2点先行することができたと思います。
そこまでは本当に年に1回あるかないかぐらいの理想的な展開でしたが、前半の最後、セットプレーで集中力を欠いたようなプレーでやられてしまい、ちょっと嫌な感じでしたが、後半入ってすぐ取られるよりは前半の終わりに取られたほうが顔を洗って出直すことができたので、後半始まってやられるより前半終了間際にやられたことがすこし選手の気持ちを立て直せたところでラッキーだったかなという感じはあります。

山形さんのほうは去年我々と試合をしたあとぐらいから3バックのシステムに変えられて、全員で一体となって運動量をもってやってこられるのは映像を見ても分かっていたので、厳しい試合になるなと思っていました。
マッチアップが多い状況のなかで、相手より前を取るとか、ちょっと後半風の影響で押し込まれたところはありましたが、相手の嫌なことを仕掛けていくことを今週ずっとやってきっましたが、その意味でJ1の試合に選手たちもいい意味で慣れて落ち着いてやれるような場面が増えたかなと思っています。

ただ、勝ったことでうれしい、よかったなと思うのは2年前の気持ちのほうが強くて、いまは去年同様、もっともっと強くなるために我々が積み上げていかなければいけないことが、今後も、明日からですけど、1個1個あると思っているので、それに対して選手としっかり向き合って協力してやっていくだけだと思います。まだリーグ戦4試合しか終わっていないので、つぎの4試合、つぎの4試合というふうに、勝点と、内容も含めて、もっともっと強い湘南になっていきたいし、それを選手と一緒に協力してやりたいなと思っています。

選手の個人名を出すのはこういうところではあまりよくないと言われていますが、言いたいので言っていいですか?(笑)
途中から、可児壮隆が入りましたが、フロンターレからレンタルで加入した選手ですが、彼はおそらくリーグ戦初めてデビューしたと思います。あの難しい展開のなかで、たった15分、20分の出場だったと思いますが、非常にゲームを落ち着かせて堂々とプレーしてくれた。
僕はたまたまフロンターレにいたときに彼が小6のときにセレクションで見て、1回見たところでおそらく合格が出たような選手だったと思うんですけど、そこからプロになるまで紆余曲折を経て、たぶん弱さがあるとか、まだまだ経験が足りないというところで去年1年間フロンターレでつらい思いをしたと思うんですけど、本当に嬉しいです。やっぱりああいう選手が頑張ってピッチに立って、チームのために貢献してくれることは、うちの他の選手たちにもそうですし、これからプロを目指す子どもたちにたくさんの勇気を与えられると思うので、きょうはアイツを褒めてあげたいなと思っています。
皆さんもこれからいい意味で…批判してあげてください。笑いがなかったので終わります(笑)。

●曺監督 質疑応答

–後半とくに終盤で押される時間帯もあったと思うが、そこの戦い方について監督の評価は?

風が吹いたり吹かなかったりで、アングルでボールを動かそうとしても風があって、風に負けて走れないような状況も出てきた。ちょっと長いボールを入れて、スペースに起点をつくるという、選手が点差や状況のを見て判断してやったなかで、少し拾えなくて押し込まれたところもありました。ただ山形さんも数をかけて最後追いつこうという気持ちで来ていたので、それを裏返せてしっかり相手コートでプレーできるのがいちばんいい終わり方ですが、決して引いたわけではなく、そういった展開のなかでそういうプレーを選択せざるを得なかったというところでいうと、反省というか、もちろん理想はちょっと違ったかもしれないが、理想ばかりをゲームのなかで言っていられないところもあるので、一度クロスでGKが出て航(遠藤)が最後フォローしてカバーした場面も含めて、冷静に後ろはやったと思います。

–高山選手がチームに復帰後初めて点を取ったが評価は?

薫とはゆっくり話をしたんですけど、柏に1年いて戻って来て、このチームで証明したいという気持ちを強く持っていますが、少し責任を感じすぎてしまったり、自分がどう見られているか気にしすぎてしまったりしているようなところがあったので、今日は初心にかえっておまえのいいところを出せという話をしました。泥臭いゴールでしたが、いいゴールが生まれたと思いますし、90分通して足を止めないで前に出て行くアイツの姿勢は間違いなく相手にとって脅威だったと思います。
一度、走行距離がJ1のなかでいちばん走れる選手だというデータも見て、アイツの特長がそういうところで出ればと思っていました。決して上手い選手ではないですけど、今日も本当にチームのために足を止めないで攻守に関わっていくということでいうと、素晴らしい出来だったのではないかと思います。

–後半顔を洗って出直すにあたりハーフタイムにどんな働きかけをしたか?

同じことを言いました。後半入ってすぐやられるより前半の終わりにやられたほうがよっぽどマシだと。それで0-0のつもりでやらなければいけないし、後半に入ってすぐやられたらさらに相手が勢いづいてくるので、これでもう1点取って引き離さないとこの試合勝てないよという話もしました。薫のシュートが入っていれば理想的だったんですけど、(失点後前半が)すぐに終わって、選手もやっちゃったなという感じでしたが、そのまえに2点取ってることのほうが実は大きいので、それは切り替えさせて、勉強できる時間を15分与えてもらったというところで、しっかり切り替えてやったかなと思います。

●石崎監督 総括

まずは昨年一緒にJ1に上がったチームとの対戦という中で、昨年2回戦って2回とも負けているので、今日の試合の大切さを充分話して、特に試合の入り方はケアするようにと話していたのですが、やはり相手の勢いに押し込まれてしまって、イージーなミスから失点してしまった。やはり自分たちJ2から上がったチームは先に失点してしまうと難しいので、試合の入り方というのはもう少し意識してやっていかなければいけないと感じています。
風が強いということもありましたが、そういうところに合わせて自分たちで判断してプレーしていかなければ、今日のように先にやられると苦しくなってしまう。
また週の半ばにナビスコがありますので、時間は短いですがそこに向けて修正してやっていきたいと思います。

●石崎監督 質疑応答

–前半押し込まれる展開だったが何が足りなかったのか?

ひとつ言えるのは技術が足りないこと。それはJ2から上がってきたチームですのであると思うんですけど、もう少し気候状況に応じてプレーの判断を変えていかなければいけない。特に相手が前から前からかかってくる場合に、バックパスをしていると相手の思うつぼになってしまう。立ち上がりを意識してやっていかなければいけない。

–ロメロフランク選手がリーグ戦初スタメンだったが評価は?

得点を取ったことは素晴らしいが、攻撃の組み立てのところでタメであったりボールの動かし方であったり、J1での今日初めてリーグに出たがまだまだ改善していかなければいけないと思います。

–同じJ2から上がった湘南から勝点を挙げられなかったことについては?

特に考える必要はないんじゃないかなと思います。どこに勝っても勝点3ですし、湘南に勝てば勝点6になるわけじゃない。特に自分たちが目標にしているのはJ1残留ですので、特に湘南だからと言ってJ2に落ちるわけではないので深く考えることはない。ただやっぱり今日のようなゲームをしていると残留が厳しくなっていく。1勝3敗という感じなんですけど、J1残留するために反省と次への切り替えをやっていかなければいけないと思います。

選手コメント

●高山薫
(得点は)素直に嬉しかったです。早めに得点が取れたことは今後の自分の自信にも繋がるので、そこはよかったかなと思います。ホームならもっと嬉しいと思います。
アウェイでデーゲームということもあってふわっと入ってしまう危険性もあるんですけど今日はみんな立ち上がりからアグレッシブにいけていて、すごくよかったと思います。
今回の試合まではああやってアグレッシブに自分からチャンスを作ることがなかった。悪くはないけどすごくいいわけではないと試合が多かった中で、今日がすごくよかったということではなく、積極的にゴールに向かえたことはよかったと思います。
後半、特に風が強くて、曺さんから前で収めろと言われていました。劣勢だったのであそこで収めて起点を作れたらもう少し効果的に攻められたのではないかと思います。

●遠藤航
(かなりハードなスケジュールだったが?)代表とリーグ戦とで連戦でしたけど、試合ができるのは幸せなことですし、自分は試合が好きなので(笑)。連戦の中での戦い方というものを学ぶこともできたと思います。曺さんも今日90分使ってくれて、本当にタフな週でしたけど、自分にとってはすごくいい経験になったと思います。
ゲームに関しては、立ち上がりにいい入りができたと思います。試合前から前への推進力を出していこうという話をされていて、そういうところはしっかり出せたと思います。相手のミスもありましたけど、薫くん(高山)がああやってキーパーまでいって得点を取るというのは、前への意識の表れだと思います。そういう前への意識があった2得点だったと思うので前半は特によかったと思います。
後半は風もあって、なかなかボールを動かせなかったなという印象ですが、最後しっかり体を張って守る場面だったり、みんなでカバーしながらゴールを割らせないという意味ではよく戦えていたと思います。
欲を言えばもっとクリアするだけじゃなくて、相手の嫌なところにクリアをしたり、味方のいるところに蹴れれば僕らもボールを動かすチャンスがあったのかなと思います。

●藤田征也
(ゴールの感想は?)うまく中に入っていけて、アリソンがいい落としをくれたので風もありましたがいいコースに入ってくれました。
相手が縦を切ったりしてくると聞いていたので、うまく中に入れればいいなと思っていました。
試合の入りはすごくよくて最初からチャンスも多く作れていたと思います。ただその中で自分はゴールのチャンスが他にもあったと思うので、そこでしっかり決め切れていればもっと楽なゲーム運びができたと思います。前半の終わりにセットプレーから失点してしまったのでそういうところも課題だと思うし反省しなければいけない。
ただその中で後半、風が強い中押し込まれる時間も長かったですけど、しっかり勝ち切れたということはチームとしてはよかったと思います。

●可児壮隆
ピッチに入る時、曺さんからシャドーで出るので相手がはじいた後のシャドーの位置にきたボールを拾うということとリズムを作るようにと言われていました。自分が途中から入ったらこうしようと思っていたことがまさにその通りでした。その意識を持って入ったことと、途中から入ってみんなより元気があったので、前からボールを追いかけて、できればボールを奪ってそこから攻撃の起点になれればと思っていました。
(リーグ初出場だったが?)本当に出られてよかったです。緊張する時はするほうなんですけど、変な緊張はなく試合に入れました。言われたことと自分が考えていたことがリンクしていたというのも大きかったです。そこに力を注ぐことができたのでよかったです。
今後、短い中でも自分のよさを出すことができるように、練習からよさを出して試合に繋げていきたいと思います。

●永木亮太
風が強い中でしたが、そういった天候のことも考えながら風上だった前半のうちに2点を取って、後半は風下に立っても最後のところで粘り強く守備ができたし、最後まで足を止めることなく戦えたと思います。
何と言っても絶対に勝点3を取りたい試合だったので、勝点3をホームに持って帰って次の試合に臨めるということはよかった。
入りがすごくよかったしセカンドボールも拾えていた。鳥栖戦で入りのよかった時間帯で得点が取れなかったという課題がありましたが、今日はその反省を活かせたと思います。練習中からそういう攻撃の練習をすごくやっていたのでその成果が出たと思います。
またすぐに試合がありますし、アウェイの遠い地での試合ですが、厳しい戦いの中で自分たちの力をつけていかなければいけない。徐々に力がついてきていると思うので、結果で示したいし、1試合も落とすことなく戦っていきたいと思います。


-->