試合記録

2011 Jリーグ ディビジョン2

第23節 VS ロアッソ熊本

7月31日(日曜日) 19:00 @平塚競技場

HOME  湘南ベルマーレ ロアッソ熊本  AWAY
湘南ベルマーレ 1 0 前半 0 0 ロアッソ熊本
1 後半 0
22 > 25 勝点 26 > 26
高山 薫 51分 得点者
選手 シュート シュート 選手
GK 21 西部 洋平 0 STARTING
LINEUP
0 南 雄太 18 GK
DF 5 臼井 幸平 1 0 市村 篤司 15 DF
DF 3 大井 健太郎 0 0 矢野 大輔 16 DF
DF 26 遠藤 航 0 0 福王 忠世 6 DF
DF 4 山口 貴弘 0 3 原田 拓 8 DF
MF 14 菊池 大介 1 0 エジミウソン 5 MF
MF 6 永木 亮太 2 2 吉井 孝輔 22 MF
MF 15 ハン グギョン 1 0 西森 正明 25 MF
MF 8 坂本 紘司 1 0 武富 孝介 14 MF
FW 17 佐々木 竜太 3 0 松橋 章太 10 FW
FW 23 高山 薫 4 0 長沢 駿 9 FW
GK 1 野澤 洋輔 - SUB - 岩丸 史也 1 GK
DF 2 鎌田 翔雅 - - チョ ソンジン 2 DF
MF 10 アジエル - - 筑城 和人 24 DF
MF 13 平木 良樹 - 0 片山 奨典 7 MF
MF 9 松尾 直人 - - 大迫 希 13 MF
FW 22 松浦 勇武 0 0 ファビオ 27 MF
FW 30 ルーカス - 0 宇留野 純 11 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
34分 8 坂本 紘司  ラフプレー 13 シュート 5 81分 16 矢野 大輔  ラフプレー
86分 6 福王 忠世  反スポーツ的行為
15 ゴールキック 13
7 コーナーキック 3
12 直接フリーキック 6
0 間接フリーキック 3
0 オフサイド 3
0 PK 0
得点経過
51分
23 高山 薫
左 17 ~ 中央 右足S 相手GK こぼれ球 23 右足S
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
選手交代
90分+3
23 高山 薫 → 29 松浦 勇武
61分
10 松橋 章太 →11 宇留野 純
61分
25 西森 正明 → 7 片山 奨典
68分
22 吉井 孝輔 → 27 ファビオ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
7,751人 曇、弱風 23.6℃ 73% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
星野 務 西村 雄一 下村 昌昭 笹沢 潤 塚越 由貴 亀井 信也

湘南 反町監督 試合後コメント

総評

前節、非常に不甲斐ない緩い試合をしてしまったので、今日はかなりハッパをかけて送り出しました。そうしたところが随所に見られて、非常に気持ちの入ったゲームになったかなと思っています。
前半にいくつかキーパーと1対1というような感じのシーンがあったんですけども、そうしたチャンスをしっかり決めれるかというのはもちろんこれからの課題ですが、いい形でボールを相手陣内で奪えたという、そういう言い方もできますで、前線のプレスとか、奪ってからのスピードアップとか、それはいままでの我々にはあまりないような形でもありましたので、今後にそれをうまく活かしていきたいと感じております。
1-0 という、ロースコアなゲームかなというふうには思っていたんですけども、どっちに転んでもおかしくないゲームだったことは間違いないと。ただ、相手はリードされたことによって長いボールを頼りにしてきてくれたので。もちろん、うちはセンターバックの二人はそんなに大きくないですし、長沢は全部うちのちびっこ右サイドバック(臼井)のほうに逃げていたので、そこの制空権はちょっと問題あるかなと思いましたけども、じゃあそこでメンバーをいじるっていうのは難しいですし、時間のあったときには自分たちの判断で幸平(臼井)と健太郎(大井)が替わって対応していましたので、自分たちでそういう判断してやっていくというのは、一番僕は望ましいことですので、非常にそういうところは嬉しく思ってます。できれば2点目というような形のシーンがありましたから、取りたかったですけどね。
次はまたホームですし、前節非常に不甲斐ないゲームをした相手ですので、今度はホームで、同じようなゲームをしないようにしていきたいなと思っています。ご清聴ありがとうございました。

質疑応答

今日初めて山口を使いましたが評価は。

相手のストロングなところは、右の市村が高い位置に上がってきてビルドアップするということなので、山口も十分準備していました。けれども最後の方になってくると、どうやら坂本は山口の事が心配で坂本がほとんど市村についていてましたね。山口は執念賞をもらっていましたけど、調子にのらないことを祈りたいですね(笑)
全体的には悪くなかったと思います。ずっとベンチに入ったりしていましたけれども、実は今日が今季初出場だったんですよね。声もよく出る選手ですし、及第点を与えていいかなと思います。
チームのオプションとしては、非常にプラス材料だと思うので来週またいい競争が出来るように期待しています。

フィジカルコーチが変わって、これから目指すもの、これまでは違う新たな道を作り出すのか。

普通はあまりあり得ない自体だったのですが、湘南がもうひとつステップアップ、バージョンアップするためには必要だという判断のもとですね。今日は天候がこういう状況で長袖を着ている方もいるような中で最後まで走りきりましたけれども、これから8月の猛暑はやっぱり厳しくなると思います。残り15分からどれだけ走れるかというのが夏場にはやっぱり問題だと思います。8月は週に1回しかゲームがないので、これをプラスに捉えて、鍛えて、鍛えながらチームを向上させていくと。要するに維持していくのではなくて、ちょっとマイナス部分もあったかもしれないのでそれをプラスの部分へと、なるべく早くもっていけるようなフィジカルベースを作ってやっていきたいと思っています。

エルシオコーチ(フィジカルコーチ)は日本語が堪能なので意思の疎通に心配はないのか。

それはそうですけれども、細かい話となるとやはり少し難しいところがあるので通訳を介しながら的確にベースを上げていくと。フィジカルのベースというのは、たとえば薫(高山選手)とアジエルを比べたら違うわけであってね、田原と幸平(臼井選手)を比べればやっぱり違うわけであって、そういうところを個人に根ざして、バージョンアップをしていきたい。1バージョンアップではなくて、2バージョンアップ、3バージョンアップできるようにしていかなければいけないと思います。
まだリーグ戦は半分以上ありますので、よりバージョンアップできるチャンスは十分あるのでそれに向けてやっていきたいと思っています。

まだ一度も対戦していないが、北九州の順位が非常に上がってきたが。

そうですね。泰年(三浦監督)は選手としての経験もありますし、かなり研究熱心にやっていると思うので、決して偶然ではないと。去年から今年にかけて逆にすごいドラスティックにいろいろ変えてきた部分ありますしね。
今、ほとんど横一線かなというところがありますね。そうした中で我々もその横一線から飛び出れるように、これから切磋琢磨していかなければいけないと思っています。

山口貴弘選手コメント

今週、非常にいい練習ができていたのでみんな自信をもって臨めたと思う。しっかりハードワークしてやろうということで、新しくエルシオ(フィジカルコーチ)が入って、またチームひとつになって練習もやれていたし、そういう部分ではよかったと思う。ハードワークしようということを一番意識していました。いまのチームに大切なところはそこだと思っていたし、自分も走るしかないので。
サイドバックは走ってナンボだと思っているし、練習で厳しく走っているのでそこは自信をもってやっていいと思っていました。個人的には、後半少し紘司さん(坂本)に助けられた部分が多かったので、もっと自分が味方を助けるなプレーをしたいと思っています。
次の試合が本当に大事。明日からもう次の試合の戦いは始まってると思う。練習からみんなで一丸となって厳しい練習を乗り切っていい準備したいと思います。

大井健太郎選手コメント

特に大きなピンチもなくゴール前のペナルティエリアに入る前のところでまわされるということはあったけど、そこからDFラインの裏に抜けるようなピンチはなかったと思うし、ボランチ、FW含めていいディフェンスができたと思います。薫(高山)と竜太(佐々木)が本当によく前から追ってくれたし、ボランチ、サイドバックもみんな落ち着いてプレーできて相手のチャンスを潰すことができたと思います。
(課題を挙げるなら?)マイボールの時にもっとボール保持率を高めていきたい。感覚ですけど、きっと今日は熊本のほうがボールをもっている時間は長かったと思う。前線がいくら頑張って守備をしてくれていても、走ってるばかりでは攻撃の時に疲れてしまうので、自分たちのボールにして、ゆっくり攻めるところは攻めて、相手を疲れさせていくというのも大事になってくると思います。あとは決めるところを決めていくことだと思います。
先制点は本当に大きかったし、守れる力もだいぶついてきたと思います。
ただ1試合で終わることなく、これが2試合3試合と続けることが強いチームになっていく条件だと思うので、過信せずにまた挑戦者の気持ちで頑張っていきたいと思います。

臼井幸平選手コメント

前半から、前からいい形でボールを奪えていたと思う。あれだけチャンスが作れたことは、最近はなかったのでよかったと思う。ディフェンス面でも攻撃面でも進歩があったと思います。
僕自身は気合いは最初から入っていて、最初に1本シュートを打てて、そのプレーで落ち着いて構えることができた。そのシュートによって前半はミスなくいけたのかなと思います。
後半、1点をとった後に少し引いてしまった部分もあったかなと思うので、リスクを考えながらも2点目をとれるようなチームになればもっといいチームになるかなと思います。
DFに関しては危ないシーンもそんなになかったと思う。僕は中盤をやっていたこともあって少し気持ちの切り替えが必要だった。ヤマも久しぶりだったけどすごく頑張っていたし、健太郎(大井)や航(遠藤)に引っ張られる形でゼロに抑えることができてよかったです。
次節の大分は前回負けている相手だし、またホームでできるので、もっと盛り上げられるような試合をしたい。絶対に勝ってサポーターを増やしたいと思います。

高山薫選手コメント

自分自身はケガから戻って久々に出た試合でしたが、いいところでボールを引き出せたと思います。ただその後のプレーがよくなかった。でもそんな中、竜太くん(佐々木)がシュートを打ってくれてそのこぼれ球から点を入れることができた。
まだまだラストパスの質を上げることや、トラップ、パス、シュートなどクオリティをもっと上げなければいけないと思っています。今日はとにかく、前からしっかりボールを追うなど気持ちを入れてやっていこうと思っていました。
気持ちが伝わったかどうか分からないけど、次も気持ちの伝わるプレーを続けてやることだと思っています。とにかく走って、守備して攻撃して、点をとりたいです。

佐々木竜太選手コメント

チャンスがあったので点をとりたかった。でもチームが勝つことが一番なので結果が出たことはよかった。続けられるようにいい準備をしたいと思います。
(得点シーンは)僕はシュートを打っただけで、詰めてくれた薫(高山)が素晴らしいと思う。
あんなに応援してくれたのに決めきれず、サポーターに申し訳ない気持ちです。

熊本 高木監督 試合後コメント

総評

前回のFC東戦からもちろん切り替えて選手たちはプレーをしてくれたと思っていますし、遠くまで応援に駆けつけてくださったサポーターの方々に非常に感謝してます。
内容に関しては、正直負けるには惜しいなというゲームをやってくれたとは思っています。
ただ、やっぱり失点をしてしまうシーンであったり最後までフィニッシュ、アタッキングゾーンのたとえば相手のゴールからほんとに30m、25mのエリアの中でのクロスであったりクロスの入り方あとはフィニッシュも含めて、これからもっともっとトレーニングしなければいけないのかなと思っています。その辺りのことをもっと追求しなくてはいけないと思っています。
あとは攻撃のイメージとしては、ここではそんな具体的な話はできないですけど、トレーニングしている中でこれから我々がやろうとしていることに関していくつかのシーンが出ていたので、そのあたりも含めて力をつけていきたいなと思っています。まぁ今日のゲームに関しては、そんなに劣っているとかどうしようもできないというゲームではなかったので。
今ここではそれくらいのイメージしか振り返れないので、しっかりゲームを見て、たぶん細かいところだと思うので、ゲームを見てから次のゲームに向けて改善できるところがあれば改善していきたいし、よかったところがあれば、それを素直にみて続けていきたいなと思っています。

質疑応答

湘南の出方は想定していたとおりだったか?

いや全然想定してなかったですね。あそこまで下がってくるとはちょっと思ってなくて、何試合か見たんですけど…。
だからと言って、それが大きな敗戦の原因ではまったくないと思いますけど。
ただなぁ、ことわざで「押してだめなら引いてみろ」という言葉があるように、正直言うと途中で引こうと思ったんですけど、1点取られた後だったのでなかなかそれはできなかった。
ひょっとして0-0だったら僕はたぶん途中で引かせたと思います。
あそこまでブロックを作ってくるとは、ほとんどサイドバックも出てこなかったので、ちょっと意外な展開だったなと思います。ただ何度も言いますけれども、それが敗戦の原因ではないと思います。

メンバーを入れ替えたが湘南を想定しての入れ替えか。

湘南を想定したというよりも、現時点でのトレーニングの中での選手の評価、パフォーマンスです。

ファビオを途中まで使わなかったのはなぜか。

確かにファビオと長沢の高さというのはいい部分もあります。ただ何でもそうだと思いますけれどもストロングもあればウィークもあるし、そこのバランスです。
要するに湘南を見たときにそのバランスをどう考えるかで今回はファビオを途中からにしました。


-->