試合記録

2009 Jリーグ ディビジョン2

第20節 VS 愛媛FC

6月9日(火曜日) 19:00 @ニンジニアスタジアム

HOME  愛媛FC 湘南ベルマーレ  AWAY
愛媛FC 2 1 前半 2 4 湘南ベルマーレ
1 後半 2
24 > 24 勝点 43 > 46
内村 圭宏 20分
ジョジマール 48分
得点者 32分 中村 祐也
44分 田原 豊
62分 中村 祐也
73分 田原 豊
選手 シュート シュート 選手
GK 21 山本 浩正 0 STARTING
LINEUP
0 野澤 洋輔 32 GK
DF 13 関根 永悟 0 1 臼井 幸平 5 DF
DF 23 吉川 健太 0 1 ジャーン 3 DF
DF 3 金守 智哉 0 0 村松 大輔 19 DF
DF 14 三上 卓哉 0 0 鈴木 伸貴 6 DF
MF 6 田森 大己 3 0 寺川 能人 7 MF
MF 16 赤井 秀一 4 0 田村 雄三 2 MF
MF 17 大山 俊輔 3 4 坂本 紘司 8 MF
MF 22 横谷 繁 1 1 アジエル 10 FW
FW 8 内村 圭宏 4 4 田原 豊 34 FW
FW 9 ジョジマール 5 3 中村 祐也 22 FW
GK 35 兼田 亜季重 - SUB - 植村 慶 16 GK
DF 15 松下 幸平 0 - 阪田 章裕 14 DF
MF 7 千島 徹 - 0 永田 亮太 21 MF
FW 11 田中 俊也 2 0 トゥット 9 FW
FW 20 大木 勉 0 0 阿部 吉朗 11 FW
警告・退場 スタッツ 警告・退場
22 シュート 14 25分
8 坂本 紘司 反スポーツ的行為
83分
21 永田 亮太 反スポーツ的行為
7 ゴールキック 24
5 コーナーキック 3
14 直接フリーキック 18
5 間接フリーキック 0
0 オフサイド 5
0 PK 0
得点経過
20分
8 内村 圭宏
右 相手DF → 中央 8 カット ~ 右足S
48分
9 ジョジマール
中央 13 → 右 17 ↑ 中央 9 ヘディングS
~:ドリブル
→:グラウンドパス
↑:浮き球パス
S:シュート
32分
22 中村 祐也
中央 7 → 8 → 22 ~ 右足S
44分
34 田原 豊
中央 直接FK 10 ↑ 2 ヘディング ↑ 34 右足S
62分
22 中村 祐也
中央 10 → 8 → 22 右足S
73分
34 田原 豊
右 10 ↑ 中央 8 → 34 右足S
選手交代
76分
13 関根 永悟 → 15 松下 幸平
78分
8 内村 圭宏 → 20 大木 勉
78分
9 ジョジマール → 11 田中 俊也
64分
7 寺川 能人 → 21 永田 亮太
82分
22 中村 祐也 → 11 阿部 吉朗
87分
10 アジエル → 9 トゥット
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
1,708人 曇、無風 21.6℃ 78% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
鈴木 保 東城 穣 名木 利幸 越智 新次 渡部 徳仁 重松 寛紀

湘南 反町監督 試合後コメント

総評

しんどい試合でしたがアウェイの地で勝点3をとれたことは嬉しく思います。
平日のナイターという中、湘南から足を運んでくれたサポーターの皆さんには感謝しています。
2試合で5点の失点をどう見るかですね。ディフェンスの練習を強化しなければいけないかなと感じています。まぁ攻撃もそうでしたが、ひとつずつずれてしまったというところが気になったというのは、正直なところです。

質疑応答

今日はディフェンスラインを代えて、それが失点にもつながった部分もあったのでは?

J2の場合は1年かけてずっと試合があり、本来は新しく入れる選手というのはチームの状態がよくなかったりケガだったりしますが、我々はチーム内の競争を激化させることをやらなければならないので、もうオレはゲームに出ているから、という姿勢だったり、例えば走るところで走らないと勝ち抜くためには厳しいと思っています。
J1なら、じゃあ北海道に行って時間をかけて合宿をしてコンビネーションのことをやったりできますが、J2はワールドカップ予選中でも思いっきり試合をやっていますので難しい部分があります。
鈴木はゲームもこなしていましたが、お客さんが集まっている試合というのは違いますし、なかなかゲームに入れなかった。ただ、それは本人だけの問題ではないし、周りの問題もある。これで勉強をして高い授業料を払ったと思うしかないし、どのポジションも競争をしたうえで相手との競争がある、というスタンスを持たなければならないと思っています。それがチーム力のアップになるひとつの要因だと感じています。

永田選手を入れて4-2-3-1のようなシステムにした意図は?

今までアンカーは田村をひとり置いていますが、向こうがサイドチェンジをして逆サイドを使ってくると当然、田村は68メートルの距離を走ることはできないので、ファーストディフェンスをもう少ししっかりしないとサイドから押し込まれると感じていました。同点でやるのはあまりよくないので、どうしようか考えているときに点が取れた。そこでばっさりと守備の安定を図ることに推移しました。
両サイドに前にいける選手を揃えたことで、最終的には4点目にもつながったと思う。ゲーム中にプランを変更して、たまたまというところもありますが、それが当てはまったと思います。

田原選手コメント

前回も今日も、得点しても追い付かれたりと難しい試合でした。
ただ先制されながらも初めて逆転して勝利できたということは、これからのチームにとって大きいと思う。
慌てないで勝ちにいった結果、勝利を得られたことは自信にもなると思います。
ただ、以前と違って立ち上がりに失点するなど、修正していかなければいけないところがある。長いシーズンの中ではそういう時期もあるし、課題がある時こそどうするべきかみんなで考えていきたいと思います。
(4点目は見事でした)紘司さん(坂本)が気持ち込めてパスを出してくれました。
アジエルがボールもった時に紘司さんと“あっちに動くからこっちに動いて”とアイコンタクトをして通じ合ったからこそ生まれたゴールでした。

中村選手コメント

勝てたことはよかったが、いつも試合の入りが悪いと話していながら先制されたのはよくないことだし、直していかなければいけない。それでも、追いつき、逆転できたことはよかったです。個人的には前節の熊本戦でチームに迷惑をかけてしまったので、それを取り返す気持ちで貪欲にやりました。守備への切り替えなど、チームのために少しはできたかなと思います。そうやって少しずつでもできるようにしていきたい。

ジャーン選手コメント

愛媛での試合はいつも難しい試合が多く、今日も予想通り厳しい試合でした。
日曜日の他のチームの結果もあって、今日はどうしても勝たなければいけないと思っていました。ここで結果を出せたことは大きいと思います。
早い時間に失点をしてしまい、しかもミスから点をとられてしまったことは反省しなければいけない。
前節の3失点と今日の2失点という結果は、もちろん修正していかなければいけない。
練習の中からしっかりコミュニケーションをとって次に修正した姿を見せられればと思っています。
ただよかったことで言えば、逆転して勝利まで持ち込めたということ。フィジカル的にも最後まで走り抜く力がチーム全体にあると感じています。

鈴木選手コメント

久しぶりの公式戦で、空回りするなと言われていたのですが、空回りしてしまい悪いプレーに繋がってしまった。
ミスから失点につながってしまい、チームの前半のリズムを悪くしてしまった。チームのみんながカバーするために本当に頑張ってくれました。
試合に出させてくれた監督やコーチにも、チームメイトにも、クオリティの低いプレーをしてしまって申し訳ない気持ちです。
後半は、自分の中でなんとか取り返したいと思ってプレーしましたが、チームのみんなに恩返しできるような納得のいくプレーは出せなかった。
今日のプレーを忘れずに、しっかり反省して、また練習からしっかりやっていきたいと思います。
またチャンスがもらえるなら、二度と今日のようなプレーはしてはいけないし、みんなに助けられた恩返しをしたいと思っています。

愛媛 望月監督 試合後コメント

総評

内容がよかっただけに、もったいなかったです。

質疑応答

内容はよかったということだが結果的には2対4。この差はどこにあったのか?

湘南の隙を突く勝負強さと、ミスをしっかり点に繋げてきたのはさすがだなと思います。前半の2失点ももったいない2点だった。自分たちが隙を作って自滅したといった感じでした。

湘南は永田選手を入れた時にシステムを4-2-3-1に変えてきたが、その時点で選手交代やシステムを4-3-3に変更しようとは思わなかったか?

4-3-3に変えようとは思いませんでしたね。相手は4-2-3-1にしたけど、そんなに怖くはないと思っていました。アジエルを真ん中にスイッチを入れるだろうなと思っていたが、それよりも奪ったボールを雑に繋いでしまったのがもったいないと思います。2トップも点を取って流れは良かった。最後は勝負しようと残り10分で2トップ入れ替えて、そこからはまた自分たちのリズム作れたと思います。

吉川選手が初先発だったが評価は?

攻撃のところはかなり起点になってくれて、ビルドアップも落ち着いてやれていた。
守備はまだ甘いところがありますが、これからよくなるのではないかと思います。

ここ3試合で10失点になるが今後の守備については?

守備は前半はアグレッシブに行けていたので、そこは続けていきたい。点を入れられて雑な守備になってしまったが、そこまではある程度できていたと思います。


-->