馬入日記

2017.03.04

【馬入日記:3月4日】甘くない戦い

IMG_2311開幕の水戸戦から1週間。今週はホームShonan BMW スタジアム平塚での開幕戦となります。
前節、移籍加入後初めてベルマーレのユニフォームをまとって公式戦に出場した秋野央樹選手。試合の手応えはやはり他の選手と同様で「前半あれだけのチャンスがあっても決められないと、難しい展開になってしまう」と反省の言葉が口をつきます。

「前半は俊くん(菊地俊介)と良いバランスでプレーできて、細かくつないだりロングボールで局面を変えることもできました。ただ後半点をとってからは相手のやりたいことをやらせてしまったと思っています。やっぱり1点取った後、相手が気落ちしているところでもう1点取りに行くという姿勢を見せていかないといけないし、実際そういう練習をしてきた。引いて守って、なんていう練習はしてきていないですし、そういうところは自分たちでしっかりコントロールできるようにしていきたいです」

水戸戦を終えた後も、2部練習や数名の選手は練習試合も行うなど、ハードに積み上げを図った今週のトレーニング。秋野選手もチームに合流しはや2ヶ月が経とうとしますが、こういった環境に順応しつつ、意識しているのは「コミュニケーションを積極的に取ること」だと言います。

「選手もそうですけど、スタッフの方の意見もよく聞いたりしています。あまりうまくいかなかった紅白戦の後とかに「どうすればよかったですかね?」とか。そういうコミュニケーションを通してチームが良くなることもあるし、必要なことだと思っています。もちろんピッチ上でも選手同士で話をして、曺さんに何か言われる前に自分たちで気づいて発信していかなければならない。そうしていかないといつまでも子どものままだし、そういうところでもっと自主性を持ってやっていきたいですね」

今日迎える群馬との戦い。開幕戦は黒星となったものの、新監督を迎えアグレッシブなゲームを展開する手強い相手です。「甘くないということを改めて思い知らされました」と前節の水戸戦を終えて語った秋野選手。今節もタフなゲームとなりますが、ホーム開幕での白星発進を目指し、全員で戦います。